プロ野球PRESSBACK NUMBER

新人王・源田壮亮は2年目もブレない。
あれだけ上手くても「守備の強化」。

posted2018/01/12 11:30

 
新人王・源田壮亮は2年目もブレない。あれだけ上手くても「守備の強化」。<Number Web> photograph by AFLO

源田はアジアチャンピオンシップでも山川(左)とともに主力としてプレーした。この経験をライオンズ2年目でも生かす。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 監督就任2年目を迎える埼玉西武ライオンズの辻発彦監督は、2018年の幕開けをファンとともに過ごした。

 1月2日、西武百貨店所沢店でのトークショーに出演した辻監督は、150名のファンを前にこう語った。

「昨年は若い力が育ち、その若い選手たちの気持ちが“勝ちたい”から“絶対に勝つんだ”という風に大きく動いたシーズンでした。選手の競争意識がいい方向に作用した1年だったと思います」

 レギュラーシーズン2位へと躍進した要因について聞かれると、真っ先に若い選手の変化を口にした。

 監督と選手2名によるトークショーは毎年開催されているのだが、今年は過去最多となる観覧応募が寄せられ、その当選倍率は32倍だったという。昨シーズン2位という成績と、若い選手が数多く活躍したという事実もあって、新シーズンの開幕に向けてすでにファンのボルテージが上がっている証拠だろう。

「僕と金子さんで盗塁王を争えるくらいに」

 辻監督とともにトークショーに出演した源田壮亮は言った。

「今年は僕と金子さん(侑司)で盗塁王を争えるくらい、積極的に走っていきたいです。2人で盗塁王を争えれば、それだけチームの盗塁数も上がる。チームにとってはいいことだと思います」

 昨年、ルーキーながらリーグ2位となる37個の盗塁を決めた源田の走力は、今年も大きな注目を集めるだろう。

【次ページ】 やはりショートは守備がちゃんとできないと。

1 2 3 4 NEXT
埼玉西武ライオンズ
源田壮亮
辻発彦

ページトップ