プロ野球PRESSBACK NUMBER

新人王・源田壮亮は2年目もブレない。
あれだけ上手くても「守備の強化」。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/12 11:30

新人王・源田壮亮は2年目もブレない。あれだけ上手くても「守備の強化」。<Number Web> photograph by AFLO

源田はアジアチャンピオンシップでも山川(左)とともに主力としてプレーした。この経験をライオンズ2年目でも生かす。

やはりショートは守備がちゃんとできないと。

 トークショー終了後、報道陣に囲まれた源田は続けた。

「今年の目標は守備の強化です。やはりショートは守備がちゃんとできないといけないと思う。コーチとも、エラーは1桁にしようと話しています」

 昨年、全試合フルイニング出場を果たしたものの、エラーの数は遊撃手リーグトップの21だった。源田の守備機会の数や、ファインプレーの多さを考えれば許容範囲内とも言えるが、本人の目指す場所ははるかに高い。

 ゴールデン・グラブ賞の話題になると、きっぱりとこう言った。

「いつかは獲ってみたいとは思いますけど、タイトルを獲るために野球をやるわけではありませんから。獲れたらいいな、と思うくらいです」

辻監督は輝かしくて、堅実さもあるプレーを求める。

 辻監督は源田の守備について語る。

「守備の良し悪しを、一概にエラーの数だけでは判断していません。源田の貢献度はエラー数では測れない。彼はピッチャーの信頼を得るだけの守備を見せています。昨年1年間の経験で、いい意味での気持ちの余裕が出てくれれば、もっと成長するはず。守りの面でその余裕が生まれれば、エラーの数は減りますよ。彼にはエラーが多い少ないではなく、見ていて輝かしくて、その中にも堅実さもあるような息の長い内野手になってほしい」

 入団2年目にして、すでに「他の選手の手本にならなければいけない選手」と源田の守備を高く評価している。

 新人王を獲得した源田は、このオフはイベントやテレビ出演などに引っ張りだことなった。生活が一変したのではないかと尋ねると、シーズン中と同じく、穏やかな、消え入りそうな小さな声でつぶやいた。

「街を歩いていて声をかけられる機会はちょっと増えましたけど、普通ですよ。変わらなくていいんです、普通がいいんですよ。去年の自分の成績ですか? もちろん手応えはあるけど、まだまだです。もっとできることはあると思っていますから」

【次ページ】 侍ジャパンで戦った際、日本ハム・近藤から刺激。

2/4ページ
関連キーワード
埼玉西武ライオンズ
源田壮亮
辻発彦

ページトップ