話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

清武弘嗣をみんなが待っている。
ロシアW杯イヤーの始まりは天皇杯。

posted2017/12/31 08:00

 
清武弘嗣をみんなが待っている。ロシアW杯イヤーの始まりは天皇杯。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

清武弘嗣ほどマルチロールな中盤センターの選手はそういない。彼の復活を、多くの人が待っている。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 こんなはずじゃと清武弘嗣はきっと思っているだろう。

 そして、誰もが同じ思いで清武を見ているのではないだろうか。

 4度の怪我を乗り越え、ルヴァン杯決勝でもプレーしてセレッソ大阪の初戴冠を喜んだ。調子が徐々に戻りつつある中、12月にE-1サッカー選手権へ向けて、久しぶりに日本代表に招集された。

「さぁこれから巻き返すぞ」という時、練習中の接触による脳震盪で離脱を余儀なくされた。代表の椅子を争うレースは激化の一途をたどっているが、特に2列目は最激戦区になっている。その中、3月から代表を離れていた清武にとって、ロシアW杯に向けたアピールする大きなチャンスだったのだが、その機会を何もせずに失ってしまった。

 あまりの運のなさに、何かに呪われているのではないとか思えるほどだ。

 いったい、どこで歯車がくるってしまったのか――。

開幕へ向けた大きな覚悟がアダとなった。

 すべては、2月のスタート時の故障が出発点になっている。

 清武は、大きな覚悟を持ってスペインからセレッソに戻ってきた。海外での経験を活かし、プレーでチームに大きく貢献しなければならないと思うのは当然で、だからこそ開幕からスタートダッシュできるように体を追い込んだ。

 だがドイツ時代も怪我が多かったように、それほど体が強い選手ではない。

 やらないといけない、という気持ちが強い一方、フィジカルトレーニングの強度が高いユンジョンファン監督の元で無理をすれば、故障につながるのは分かっていたはずだ。

 しかし、2月に右臀部に違和感を覚えて清武は離脱した。3月には左大腿四頭筋の損傷、6月には右太もも裏を痛めて2週間離脱。

 早く治さないといけないという気持ちが焦りを生み、ピッチに戻っては故障を繰り返した。そして6月25日の仙台戦で左ハムストリング筋損傷という重傷を負い、3カ月間、清武は表舞台から姿を消した。

【次ページ】 清武は昔から、決して気持ちが強い選手ではない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
清武弘嗣
セレッソ大阪
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ