オリンピックへの道BACK NUMBER

その頭脳は平昌、そして北京を標的に。
宮原知子がこの1年間で築いた“芯”。

posted2017/12/25 11:50

 
その頭脳は平昌、そして北京を標的に。宮原知子がこの1年間で築いた“芯”。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

初めてスケートを滑ったのはアメリカで暮らしていた4歳の時だという宮原。初めてのオリンピックでどこまで結果を出せるか?

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 曲が終わる。その直後、両腕を突き上げた。

 その演技をみつめるコーチは、終わるとともに顔を覆い、涙を流した。そして涙は、キスアンドクライでも、記者の前に現れても止まらなかった。

 平昌五輪代表選考を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権。2枠をかけて競った女子を制したのは、宮原知子だった。

 圧巻の強さと言ってよかった。

 フリーの演技構成点は5項目すべて9点台を得て、国際スケート連盟非公認ではあるが、自己ベストを上回る合計得点220.39での逆転優勝。

 数字もさることながら、目には映らない重圧の下での演技であったことが、より宮原の強さを引き立たせた。

絶対に失敗は許されない緊張感の中で、優勝を果たす。

 ショートプログラムを坂本花織に次ぐ2位で迎えたフリーは最終グループの4人目。

 たとえ2位であっても選考基準から考えると、五輪代表に選ばれる可能性は濃厚だった。

 しかし宮原本人は「代表になるには優勝だ」と覚悟を決めていた。

「今回は優勝しか出場への確実な道がないという中で、優勝しないわけにはいかないという強い気持ちがありました」

 最終滑走の坂本を控えて、失敗は許されなかった。

 極度の緊張を強いられる中、宮原はほぼ完璧に4分間を滑りきった。

 試合後、笑顔の宮原は、終了直後のガッツポーズについて尋ねられると、はにかむように言った。

「ガッツポーズするしかないと思いました」

【次ページ】 10月頃……ほぼ平昌は絶望的だと思われた。

1 2 3 4 NEXT
宮原知子
坂本花織
濱田美栄
平昌五輪
オリンピック

ページトップ