“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

谷口彰悟と車屋紳太郎はずっと一緒。
幼稚園、高校、大学、川崎、代表。

posted2017/12/12 11:10

 
谷口彰悟と車屋紳太郎はずっと一緒。幼稚園、高校、大学、川崎、代表。<Number Web> photograph by Takahito Ando

2012年、母校・大津高校の応援に来ていた大学時代の2人の風景……写真左端、ピッチに近いところで応援を指揮する車屋と、太鼓を叩いて応援を盛り上げていた谷口(右端)。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 谷口彰悟と車屋紳太郎。

 東アジアE-1サッカー選手権の初戦となった北朝鮮戦において、2人は右CBと左サイドバックとしてDFラインを構成した。

 2人は共に熊本県出身で、幼稚園の頃から一緒に育ってきた仲。

 2人の共通項はずっとサッカー。

 彼らが通った幼稚園は、子どもたちの運動能力を高めるために積極的に身体を動かす独特の方針を持っていることで有名だった。この幼稚園は彼ら以前にも多くのJリーガーを生んでいることでも有名な施設だったという。

 同じ小学校、同じ学区の中学校で育ち、家も近所だったという2人。

 1学年上の谷口が先に地元の強豪クラブチームである熊本ユナイテッドSCジュニアでプレーを始めたのだが、車屋が小4の時には谷口に誘われて同じクラブに入団している。

 谷口はそのまま小学、中学と熊本ユナイテッドSCでプレーを続け、車屋は谷口と同じ地元中学のサッカー部へと進んだ。そして、まず谷口が地元の名門・大津高校に入学。1年後に車屋も後を追うように同高校に入学した。

「紳太郎がずっと彰悟の後を付いていっていた」

 谷口は1年時からボランチのレギュラーとして、名門チームの攻守の要を任された。車屋が入学すると、そのまま2人はダブルボランチを組むようになる。車屋は最初こそスーパーサブ的な存在だったが、2人がダブルボランチを組んだときのチームは、躍動感溢れる素晴らしいゲームになっていたことをよく記憶している。

 谷口と同級生で、今季は松本山雅でプレーしていたGK藤嶋栄介は、当時のことをこう振り返る。

「2人がコンビを組むと、本当にボールがよく収まるし、前への推進力が出るんですよ。印象的だったのは、(車屋)紳太郎がずっと(谷口)彰悟の後を付いていっていたこと。練習中や試合中にも紳太郎は疑問に思ったことや、教えて欲しいことを積極的に彰悟に質問していて、彰悟も嫌な顔ひとつせずに熱心に教えていましたね。朝練もずっと一緒だったし……学年は違ってもずっとセットだった」

【次ページ】 ボランチからサイドバックに変わって車屋が化けた!

1 2 3 4 5 NEXT
谷口彰悟
車屋紳太郎
藤嶋栄介
風間八宏
川崎フロンターレ
筑波大学
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ