セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

W杯逃したイタリアの混迷は続く。
経済損失2兆円、権力争いにセクハラ。

posted2017/12/02 09:00

 
W杯逃したイタリアの混迷は続く。経済損失2兆円、権力争いにセクハラ。<Number Web> photograph by Getty Images

辞任会見で不満をぶちまけたタヴェッキオ会長。イタリアの悲劇を招いた“戦犯”として、不名誉な形でその名を刻んだ。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 イタリア代表がスウェーデンとのプレーオフに敗れ、ロシアW杯への切符を逃した翌日、IKEAは簡素な木製組立て式ベンチの写真広告を出稿した。

「イタリアの皆さん、ジャンピエロさんの次のベンチは弊社が用意しました。これで私たちスウェーデンを許してもらえませんか」

 ジャンピエロさん、とはもちろんアズーリ監督ベントゥーラのことだ。皮肉の効いた北欧発キャッチコピーに、イタリアはダメ押しの一本を取られた。

 60年ぶりの大失態の始末をつけなくてはならない。イタリア半島に戦犯探しと粛清の嵐が吹き荒れた。

ベントゥーラは辞任を拒否し、80万ユーロを懐へ。

 まず糾弾されたのは、アポカリプスをもたらした張本人である代表監督ベントゥーラだ。

 13日の敗退決定直後、義務付けられている国営放送RAIのインタビュー対応をドタキャン。会見で引責辞任を拒否した厚顔無恥ぶりに、メディアも国民も激怒した。

 ブラジルW杯でグループリーグ突破に失敗した当時の監督プランデッリは、EURO2012準優勝の実績があるにも関わらず即辞任を申し出て、敗軍の将としての責を負ったことは誰の記憶にも新しい。

 しかし、ベントゥーラは試合翌日、ミラノ市内の最高級ホテル裏口からボディガードに付き添われてコソコソと脱け出すと、一路空港へ。南イタリアの義両親の元に身を隠した。

 追いかけた民放TVのカメラには「負けてしまったものは仕方がないだろう。私は代表を率いて2敗しかしていない、過去40年間で最も成績の優れた代表監督の1人だ」と強弁した。

 母国の栄光へ泥を塗ったことへの罵りなど言わせておけ。潔さなど知ったことか。

 開き直った69歳の老将は、プレーオフ初戦での1敗を加え忘れても金勘定は忘れない。

 老獪な守銭奴と化した彼は、世論に押されたFIGC(イタリアサッカー連盟)が、15日に「解任」を告げるのを待っていた。

 ベントゥーラは辞任を口にしなかったことで、契約通りに月割払いの手取り報酬80万ユーロをそっくり懐に入れるのだ。

【次ページ】 来年度国内総生産は1兆9950億円の損失との試算。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
イタリア代表
ジャンピエロ・ベントゥーラ
ファビオ・カンナバーロ

ページトップ