詳説日本野球研究BACK NUMBER

2017年のドラフト会議を完全採点。
清宮の日本ハムは90点。最低は……。

posted2017/10/27 12:20

 
2017年のドラフト会議を完全採点。清宮の日本ハムは90点。最低は……。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

清宮幸太郎は嬉しそうだった。メジャー志向も隠さないだけに、ダルビッシュ、大谷を育てた実績がある日本ハムは相性がいいはずだ。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 2017年ドラフトは“清宮ドラフト”と言われた。

 高校3年間で積み上げた通算ホームラン数は歴代1位の111本。この超高校級スラッガー、清宮幸太郎(早稲田実・一塁手)を獲得しようと1位で入札したのはロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクの7球団。高校生野手の指名としては福留孝介(当時PL学園)以来の多さである。

< 日本ハム 90点 >

 この逸材の交渉権を抽選(クジ)で獲得したのは日本ハム。

 大谷翔平、中田翔という攻撃陣の中軸を構成してきた2人が来季はメジャー移籍やFA移籍でチームを去ることが予想されている。そういう状況にあって超高校級スラッガーの獲得に向うのは当然で、清宮獲得の切実さにおいて日本ハム以上の球団はない。それでも抽選で交渉権を獲得できるかどうかは別問題だが、何ともあっさりと当たりクジを引き寄せてしまった。木田優夫GM補佐のガッツポーズを見たとき少し背筋がぞわぞわした。

 2位指名で社会人野球屈指の速球派、西村天裕(NTT東日本・投手)、3、5位で高校生本格派の田中瑛斗(柳ケ浦)、北浦竜次(白鴎大足利)の交渉権を獲得し、全方位にアンテナを張り巡らした印象。

 春先に在京球団のスカウトに「誰かいい選手いますか」と聞いたとき、「まだ体ができていないので球は140キロ台前半くらいだけど、腕の振りがいいですよ」と教えてもらったのが田中だった。その後、東海大相模との練習試合を観て、思いのほかにストレートが速くてキレがあるのでいいほうに期待が裏切られた。6位鈴木遼太郎(東北学院大・投手)、7位宮台康平(東京大)の各投手まで含めて、納得のいく指名をした。

< オリックス 90点 >

 もう1チーム、満点に近い指名をしたのがオリックスだ。2017年のチーム防御率3.83は12球団中9位。この打高投低のチーム状況をみれば1位入札は即戦力タイプの投手だと想像がつく。会議前の表明通り田嶋大樹(JR東日本)を1位で入札し、重複した西武との抽選で福良淳一監督が当たりクジを引き寄せた。

 今年チーム成績は4位と振るわなかったが、攻撃陣はT-岡田、吉田正尚という攻撃型の1、2番を組むなど見どころが多かった。このドラフトで課題の即戦力投手、それもチームが待望してやまなかった本格派左腕の交渉権を獲得し、オリックスのドラフト史上、最高に近い指名となった。

 田嶋だけではない。2位で1位候補と前評判の高かった鈴木康平(日立製作所・投手)、3位で補強ポイントだった遊撃手の福田周平(NTT東日本・遊撃手)を指名し、4位で本格派右腕の本田仁海(星槎国際湘南)を指名したのも大きい。昨年、同じ順位で高校生右腕の山本由伸を獲得し、山本は今年一軍で1勝を挙げている。“吉兆”と言っていいだろう。

【次ページ】 80点で並ぶのは広島、中日、DeNAの3球団。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
清宮幸太郎
中村奨成
田嶋大樹
東克樹
ドラフト会議

ページトップ