池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

DeNA前社長・池田純が今だから語る。
ラミレス抜擢と“暗黒期”の秘話。

posted2017/10/27 12:45

 
DeNA前社長・池田純が今だから語る。ラミレス抜擢と“暗黒期”の秘話。<Number Web> photograph by Kyodo News

池田氏はラミレス監督就任発表の会見で「チーム全員の力で闘っていくという姿勢が見えた。勝負できるんじゃないかと思った」と語っていた。

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 横浜DeNAベイスターズが日本シリーズ進出を決めました。私は辞めた身ということもありますが、現球団とはまったく関係がありません。ですが選手、スタッフを含め、横浜という街が盛り上がって、本当によかったと感じました。

 アレックス・ラミレス監督とは、現役時代から親しくしていました。彼と英語でコミュニケーションをしっかり取れるのが私くらいしかいなかったので(笑)。選手のころから、ラミレスは「将来はマネージャー(監督)をやりたい」と話していました。

10名ほどの監督候補の中で決め手になったのは……。

 2015年、中畑清さんが監督を退任され、次期監督を選ぶ時のことです。ラミレスは監督に向いているのではないかと思い、高田繁GMを含めて三者面談を行いました。その時の情熱がすごかった。事前にしっかりと準備をして、自分には何ができるのか、というプレゼンテーションをしてくれました。

 中畑監督のもと、'13年には6年ぶりに最下位を脱出するなど、チームの底力が上がっている実感はありました。そこからさらにステップアップするために必要なのは、安定して結果を残せるようになることでした。

 ほかにも監督候補者は10名ほど挙げられていたのです。しかし、チームに欠けているものを埋めてくれるのはラミレスだと思い、決断しました。

 ラミレスは、選手のころから“平常心”に重きを置いていた。打った日も、打てない日も、ブレない自分を持ち続ける精神力を持っていました。彼が監督になれば、チームにもブレない軸ができるのでは……。そう考え、ラミレスを監督に抜擢したのです。

【次ページ】 采配以上に他人のモチベーションを下げない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
中畑清
NSBC
クライマックスシリーズ
日本シリーズ

ページトップ