プロ野球PRESSBACK NUMBER

「オレがいない方が強いんちゃうか」
苦しんだ西武・森友哉、ついに復活。

posted2017/09/21 07:00

 
「オレがいない方が強いんちゃうか」苦しんだ西武・森友哉、ついに復活。<Number Web> photograph by Kyodo News

4年ぶりとなるクライマックスシリーズ進出を決めた西武にとって、森の復帰は非常に大きい。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「オレがいないほうが強いんちゃうか……」

 二軍のグラウンドから恨めしそうにメットライフ(西武)ドームを見つめ、森友哉がため息をついた。埼玉西武ライオンズが59年ぶりとなる13連勝を続けている最中のことだ。

 3月5日のWBC強化試合・キューバ代表戦(京セラドーム大阪)で死球を受けて左ひじを骨折。その後二軍でリハビリと調整を続けてきた森は、思うように回復しない自分の左腕の状態に苛立っていた。

「一軍の試合? 見てはいましたけど、めちゃめちゃモヤモヤしてましたよ。なんせチームが強かったので、『オレ、いなくても平気やな』とか『戻ってもいる場所ないな』とか……。練習が終わったあとは、なるべく野球のことは考えないようにしてましたね。『無』です、『無』。そうすることでしかイライラを収められなかったですから」

 7月に室内練習場で打撃練習を始めても、不満は残ったままだった。

「バッティング練習を再開した直後も、思うようなバッティングが全然戻っていなかったです。自分のスイングができなかったいちばんの原因は、折れた左手の握力が落ちてしまったこと。そのためにバットも思い切り振れなくて、練習を再開しても全然ダメやって思ってました」

フルスイングできないことがストレスに。

 フルスイングを信条とする森にとって、思い切りバットを振れないこと自体がフラストレーションになった。

 二軍の試合にも帯同できず、西武第二球場に居残って汗を流す日々は続いた。

 残留組を担当する星孝典・育成コーチは振り返る。

「痛みもあったでしょうし、復帰までの道筋が、彼が思っていたより時間がかかったんでしょう。イライラしているのは見ていてわかりました。その様子を見て、僕が言ったことをただ強制的にやらせても、彼の身にはならないと思いましたね」

【次ページ】 自暴自棄気味の森にコーチが与えた課題。

1 2 3 NEXT
埼玉西武ライオンズ
森友哉

ページトップ