メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

青木宣親は今も「意外とフツー」。
生き残りこそが日常、という達観。

posted2017/09/15 08:00

 
青木宣親は今も「意外とフツー」。生き残りこそが日常、という達観。<Number Web> photograph by Kyodo News

移籍前から続く連続試合安打は12試合(9月11日時点)に。環境が変わっても安打を打つ能力は変わらない。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「Batting Second……Right fielder……Norrriii Aoooki!」

 場内アナウンスがそう告げると、懐かしい、ノリのいい音楽が流れ始める。ガラガラなので大合唱とまでは言わないが、サビの部分になると観客席のどこかから「ゴーストバスターズ!」と聞こえてくる。そう、メッツの青木宣親は、本拠地シティ・フィールドでの登場曲にニューヨークを舞台にした1980年代の米コメディ映画「ゴーストバスターズ」のテーマを選んだのである。

 アストロズ時代は親交のあるGLAYのギタリストTAKUROさんのソロ曲「流転」だった。それがなぜかブルージェイズで故マイケル・ジャクソンのヒット曲「スリラー」になり、今度は「ゴーストバスターズ」である。

「どうして? 何となく、ニューヨークっぽいかなと思って」

 嘘つけっ、と思わないわけではなかったが、登場曲は本題ではない。8月29日にブルージェイズを自由契約となり、9月2日にメッツと契約した彼の、再スタートの心境を聞きたかっただけである。

「意外とフツー」な心境は、経験のたまもの。

「うーん、まあ、自分で言うのも変だけど、意外とフツー」

 ふざけているわけではなさそうだ。そりゃそうだろう。青木は今、メジャーリーグ生き残りを懸けて戦っているのだから。

 過去にも何度か書いたから、「今もまた」と付けた方がいいかも知れない。2012年に「メジャー挑戦」を開始した時は、「開幕メジャーに生き残る」戦いだった。2016年は「マイナーリーグから這い上がってメジャーに生き残る」戦いだった。

 青木は開幕メジャーに生き残り、マイナーからも這い上がって見せた。そして今度の戦いは、「来季以降もメジャーに生き残る」戦いである。

 35歳のベテラン外野手には何ができるのか――。メジャーリーグの各チームに対し、彼は今、そういうことを示している。

【次ページ】 結局は、ひとつひとつ積み重ねるしかないという事実。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
青木宣親
ニューヨーク・メッツ

ページトップ