イチ流に触れてBACK NUMBER

2017年のイチローは“代打の神様”。
一振りに懸けても近づく最多安打。

posted2017/09/14 11:00

 
2017年のイチローは“代打の神様”。一振りに懸けても近づく最多安打。<Number Web> photograph by Kyodo News

8月22日のフィリーズ戦では7回に代打で出場し、勝ち越しの3ラン本塁打を放った。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 メジャー17年目、日米通算26年目。今年もイチローは数々の記録を塗り替えている。

 列記すると以下の通り。カッコ内はイチロー以前の記録保持者だ。

4/19 日本人メジャー最多打点 761(松井秀喜)
7/6 メジャー歴代24位 通算3054安打(ロッド・カルー)
7/18 メジャー歴代23位 通算3056安打(リッキー・ヘンダーソン)
8/4 メジャー歴代22位 通算3061安打(クレイグ・ビジオ)
8/26 球団シーズン最多代打安打 22(ロス・グロード)
9/6 日本新記録 日米通算5863塁打(王貞治)
9/7 メジャーシーズン代打最多打席95(ラスティ・スタウブ)

 9月10日現在、残り2本の射程圏内に捉えているのが、1995年にロッキーズのジョン・バンダーウォルが記録した代打でのシーズン最多安打28である。マリーンズのドン・マッティングリー監督も報道陣に「イチローのシーズン代打最多安打まではあと何本?」と、質問することでも分かるように米国でも注目を集めている。

 先発出場18試合、途中出場101試合、うち代打での出場が96試合。これがここまでの内訳で先発での打率は.234、代打を含めた途中出場が.272、代打に限っては.295。例年とは全く逆の打率を示している。

28試合連続ベンチでも、打率.381の凄まじさ。

 また、こんな数字もある。

 イチローは8月10日から9月7日にかけて、自己最長となる28試合連続先発出場なしという起用が続いた。だが、この間の成績が凄まじい。

 21打数8安打、打率.381。

 代打で.381はあり得る数字ではなかなかない。1日1打席の一振り稼業が続く現状をイチローに聞くと、彼からはこんな言葉が返ってきた。

「全然慣れていないですけど、慣れていないことにちょっと慣れてきたという感じはある」

【次ページ】 栄光と賞賛を手にした43歳が常に謙虚に向き合う。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
イチロー
マイアミ・マーリンズ

ページトップ