野ボール横丁BACK NUMBER

花咲徳栄・岩瀬が見た天国と地獄。
「これからの人生でも役立つこと」

posted2017/08/22 18:30

 
花咲徳栄・岩瀬が見た天国と地獄。「これからの人生でも役立つこと」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

殊勲のタイムリーを放った岩瀬。この時は天にも上ったような気分だっただろうが、9回、“甲子園の魔物”に襲われかけた。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 4試合連続で2ケタ安打と活発な花咲徳栄打線の中で、ただ1人、蚊帳の外だった野手がいる。それが「9番・ショート」の岩瀬誠良(ともはる)だ。

 初戦に1本ヒットを打った後は、3試合ノーヒット。

「出ている選手の中で、僕がいちばん打率が低いんじゃないですかね」

 と、自嘲気味に笑う。

 その岩瀬が、準決勝の東海大菅生戦で、ようやく目覚めた。4-4の同点で迎えた8回表、2アウト満塁の場面で回ってくる。この日も、そこまではノーヒットだった。

「アルプススタンドを見上げて、こんなに応援してくれてんだ、と思った。絶対、決めてやると思って打席に立ちました。どうせ9番打者だからと思って、真っすぐで攻めてくると思っていたので、それを狙っていました」

 2ボール1ストライクからの4球目だった。外寄りの甘いストレートを叩いた打球はレフト線を破り、二者が生還する。

 ただし、打った直後から岩瀬の記憶は一時、消えている。

「無我夢中で、気づいたら二塁ベースにいました。三塁コーチャーが『ナイスバッティング!』って言ってくれて、初めて気づいた。スコアボードをみたら点が入っているんで、あ、入ったんだ、と」

9回、自らの守備のミスから同点に追いつかれる。

 ところがこの後、「これが高校野球の怖さなんだと思った」と振り返るシーンが訪れる。

 2点リードで迎えた9回裏、先頭打者の打球を弾いてしまった(記録はヒット)。

「あと一歩、前に出なければいけなかった……」

 守備の人らしからぬミスだった。この後、さらなる苦難が待っていた。1アウト一、二塁となり、打球は再びショートへ。

「打球が飛んできた瞬間、勝ったと思って二塁ベースを先に見てしまった」

【次ページ】 「高井が打ってくれたときは涙が出そうに……」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
甲子園
花咲徳栄高校
岩瀬誠良

ページトップ