野球善哉BACK NUMBER

中村の2本目は、外の直球だった。
天理・碓井はなぜ首を振ったのか。

posted2017/08/22 17:30

 
中村の2本目は、外の直球だった。天理・碓井はなぜ首を振ったのか。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「中村奨成が大会6本目のホームランを放った相手」ではなく、碓井涼太という名前を覚えておきたい。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 いつもは強気な天理のエース・碓井涼太が首を振ったのは5回表、広陵のスラッガー・中村奨成を3たび迎えた場面だった。

「捕手の城下(力也)のサインはインコースのシュートでした。1打席目にインコースのシュートをホームランにされていたので、自分が首を振って、外のストレートを選んだんです」

 碓井が腕を振りぬいたボールがやや真ん中に入ると、中村は完璧にボールを捉えて、左翼スタンドに放り込んだ。

 大会新記録となる6本目のホームランはそうして生まれた。

 準決勝の第1試合・天理vs.広陵の注目ポイントに挙げられていたのは、天理の右サイドスロー・碓井が、中村を中心とした広陵打線に対してどれだけ強気に攻められるかだった。

 ストレートとツーシーム系のシュートをインコースに投げ込む碓井は、球速こそ130キロ前後だが、強気な攻めと外のスライダーで勝負する投手だ。3回戦の神戸国際大附戦で初先発すると11回1失点完投。準々決勝の明豊戦では序盤こそ失点したものの、要所を締めてチームを勝利に導いた。

試合前は「インコースを強気に」と話していた。

 試合前、碓井は広陵打線対策、そしてインコース論をこう話していた。

「打たれることを想定に入れて、シュートをインコースにみせる意識でいます。投げることによって、そのシュートが布石となって後半に生きてくる。明豊戦では1回にシュートを打たれましたけど、後半はしっかり抑えられた。きょうもインコースを強気に攻めていきたい」

 実は高校入学当初の碓井は、今のような投手ではなかった。

 天理高に入学した時は、上手から投げる本格派右腕だった。しかし、碓井の性格を表したような素直なボールで、打ち込まれることが多かった。そこで昨オフ、中村良二監督と同じく元プロの山崎慎太郎コーチから提案され、右腕の位置を下げるようにした。

【次ページ】 サイドへの転向で、碓井は打てない投手になった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
甲子園
天理高校
碓井涼太
広陵高校
中村奨成

ページトップ