Number ExBACK NUMBER

田中将大の本当のライバルとは?
きわだつ“智辯和歌山”という存在。

posted2017/08/09 07:00

 
田中将大の本当のライバルとは?きわだつ“智辯和歌山”という存在。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2006年の駒大苫小牧は、1933年の中京商以来73年ぶり、史上2校目の夏3連覇をかけて甲子園に挑んでいた。

text by

二瓶仁志(Number編集部)

二瓶仁志(Number編集部)Hitoshi Nihei

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 高校時代の田中将大にとって、本当のライバルは誰だったのか。

 Number933号「甲子園ライバル伝説。」の「田中将大に、勝ちたかった。」は、そんな疑問からスタートした企画だった。

 2006年、田中が高3夏の甲子園で残した投球成績は以下のとおり。

2回戦/南陽工……9回、被安打7、奪三振14、与四死球6、自責3(5対3)
3回戦/青森山田……6回2/3、被安打6、奪三振5、与四死球2、自責3(10対9)
準々決勝/東洋大姫路……9回、被安打9、奪三振11、与四死球4、自責3(5対4)
準決勝/智辯和歌山……8回、被安打4、奪三振10、与四死球2、自責1(7対4)
決勝/早稲田実……12回2/3、被安打7、奪三振10、与四死球3、自責0(1対1)
再試合/早稲田実……7回1/3、被安打4、奪三振4、与四死球3、自責3(3対4)

 この大会期間中、田中は胃腸炎に苦しんでおり、本来の実力を出し切れていなかった。

 だが、過去の資料を読み進めると、“例外的な試合”があったことがわかる。「この夏最高でした」と本人が語り、スポーツ紙の見出しには「146キロ直球にキレキレ高速スライダー」、本文にも「北の怪物が、決勝を前によみがえった」と書かれている。

「田中を倒すためにやってきたのに……」

 その相手は、準決勝の智辯和歌山だった。そして敗れたチームの4番橋本良平(捕手・元阪神)は「田中を倒すためにやってきたのに……」とのコメントを残していた。

 遥か北海道にいる田中を目標に定め、甲子園で直接対戦するも、最高のピッチングをされて敗れたチーム。当時の智辯和歌山メンバーへの取材を開始した。

 '06年の智辯和歌山は「史上最強打線」と称されていた。主砲の橋本良平は小中学時代の全日本選抜で4番を務めたエリート。3番を打つ廣井亮介は、清原和博が持つ大会5本塁打の記録に迫る、4本塁打を放っていた。

【次ページ】 魔曲「ジョックロック」と「魔物は二度笑った」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
田中将大
智辯和歌山高校
橋本良平
廣井亮介
高嶋仁
駒大苫小牧高校

ページトップ