駒大苫小牧高校 

12件中 1 - 12件を表示
駒大苫小牧の応援が甲子園で復活。高校野球におけるブラバンの「力」。

野ボール横丁

駒大苫小牧の応援が甲子園で復活。
高校野球におけるブラバンの「力」。

今年の選抜大会は、改めて応援の力を感じた大会だった。応援団賞の最優秀賞に選ばれたのは、彦根東だった。応援団の赤いウインド… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2018/04/16

甲子園は2回戦スタートが絶対有利。昨年は8強の6校を占め、今年は?

野ボール横丁

甲子園は2回戦スタートが絶対有利。
昨年は8強の6校を占め、今年は?

日本の「亜熱帯化」にともない、年々気になるのが「組み合わせ抽選」の運不運だ。近年、夏の甲子園においては「2回戦スタート」… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2017/08/12

田中将大の本当のライバルとは?きわだつ“智辯和歌山”という存在。

Number Ex

田中将大の本当のライバルとは?
きわだつ“智辯和歌山”という存在。

高校時代の田中将大にとって、本当のライバルは誰だったのか。Number933号「甲子園ライバル伝説。」の「田中将大に、勝ちたかっ… 続きを読む

二瓶仁志(Number編集部)Hitoshi Nihei

2017/08/09

甲子園初戦突破でUSJか吉本新喜劇!?2回戦までの“暇”をどう過ごすか。

野ボール横丁

甲子園初戦突破でUSJか吉本新喜劇!?
2回戦までの“暇”をどう過ごすか。

「甲子園の開幕日の試合は負けたら最悪だけど、勝ったら天国だよ」誰だったか、以前、そんな風に話していた高校野球の監督がいた… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2016/08/12

高校野球の応援を100倍楽しむ方法。地方大会の名物ブラバン一挙紹介!

甲子園の風

高校野球の応援を100倍楽しむ方法。
地方大会の名物ブラバン一挙紹介!

甲子園を目指し、各地で熱戦が繰り広げられている全国高校野球選手権大会。中高時代、熱血ブラバン少女だった吹奏楽部出身の筆者… 続きを読む

梅津有希子Yukiko Umetsu

2016/07/05

選抜は「ミス」と「エラー」が分岐点。混戦の中で輝いた“プロ好み”の48人。

詳説日本野球研究

選抜は「ミス」と「エラー」が分岐点。
混戦の中で輝いた“プロ好み”の48人。

第86回選抜高校野球大会準々決勝の第4試合、龍谷大平安対桐生第一の延長10回裏、龍谷大平安は1死満塁の場面で相手投手の暴投で三… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2014/04/04

“プロ注”は少ないが熱戦多し。選抜で気を吐く古豪・強豪校。

詳説日本野球研究

“プロ注”は少ないが熱戦多し。
選抜で気を吐く古豪・強豪校。

甲子園球場で行なわれている第86回選抜大会はスカウトが獲得をめざす“プロ注”こそ少ないが、地味な大会という感じがしない。そ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2014/03/27

甲子園「まで」と「以降」は世界が違う!?ミラクルを演出する指揮官の条件とは。

野ボール横丁

甲子園「まで」と「以降」は世界が違う!?
ミラクルを演出する指揮官の条件とは。

何点勝負になると思いますか――。甲子園における試合前の取材で、報道陣から必ず飛ぶ質問である。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2012/08/31

ワンランク上の投手になるために……。いま斎藤佑樹に必要な「剛」の投球。

野ボール横丁

ワンランク上の投手になるために……。
いま斎藤佑樹に必要な「剛」の投球。

斎藤佑樹が、二軍であえいでいる。練習試合も含めると4試合に登板し、4連敗。いまだ勝ち星がない。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2012/08/29

田中将大 「修羅場で見せた真骨頂」 ~<'06年夏決勝>駒大苫小牧vs.早実~

Sports Graphic Number

田中将大 「修羅場で見せた真骨頂」 ~<'06年夏決勝>駒大苫小牧vs.早実~

高校球史に残る名勝負となった、'06年決勝の早実との死闘。その場所に辿りつくまでに数多の逆境を乗り越えてきた怪物エースは、… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2010/08/03

オフェンス型チームが夏の甲子園を席巻する。

SCORE CARD

オフェンス型チームが
夏の甲子園を席巻する。

野球はプロでも高校野球でも投手力がモノをいう世界だと思われがちだ。たとえば今年の春に行なわれたセンバツ大会の決勝は、左右… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/08/24

甲子園コンプレックスはもう克服!? 日本文理が見せた地方勢の意地。

野ボール横丁

甲子園コンプレックスはもう克服!?
日本文理が見せた地方勢の意地。

「全国制覇」――。 少し前まで、そんな目標を掲げられる高校は限られていた。力量だけでなく、遠慮や分別もあったのだろう。だ… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2009/08/20

ページトップ