“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高校サッカー真夏の祭典・インハイ。
優勝候補校と注目選手を一挙紹介!

posted2017/07/28 12:00

 
高校サッカー真夏の祭典・インハイ。優勝候補校と注目選手を一挙紹介!<Number Web> photograph by Takahito Ando

ベガルタ仙台ジュニアユースからユースへ昇格せず青森山田へやってきた郷家(ごうけ)友太。高校生活最後の夏で、有終の美を飾れるか?

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 7月29日から宮城県で開催される全国高等学校総合体育大会、通称“インターハイ”。全国の予選を勝ち抜いた55校が一発勝負のトーナメントに臨むこの大会。

 そのインターハイの組み合わせを紹介し、見所と注目ポイントを紹介していきたい。

 トーナメント表を見渡すと、「ある1カ所」に強豪がひしめき合っていることが分かる。

 昨年度の高円宮杯チャンピオンシップと高校選手権の2冠を達成した青森山田のいるブロックの一角だ。

 昨年度ベスト4の青森山田は1回戦がシードされているが、初戦で当たる相手が東福岡と明徳義塾(高知県)の勝者。

 明徳義塾も力のあるチームだが、やはりここは東福岡に目がいく。

毎年Jスカウトが注目する東福岡の多士済々。

 昨年のチームからMF藤川虎太朗(磐田)、高江麗央(G大阪)、DF小田逸稀(鹿島)と3人の有力選手が抜けプロ入りしたが、今年も2人のプロ入り濃厚な選手を抱えている。U-18日本代表CB阿部海大と、MF福田湧矢はJのスカウトたちが注目する存在で、そんな彼らを軸に周りを固める選手達も多士済々だ。

 まずは、正確なキックとボールコントロールがウリのアンカー・青木真生都、ドリブル突破からの強烈な左足のシュートが魅力のMF木橋朋暉、得点力の高い1トップの守田怜司と、3年生が屋台骨を支える。さらに、高円宮杯プレミアリーグ(以下プレミア)を戦い抜いてきた2年生の台頭も目立つ。182cmのストライカー・大森真吾や、サイドアタッカーの中村拓海、スピードで相手をぶち抜くMF石原利玖らの存在が、選手層の厚さを証明させている。

 東福岡は現在、ユース年代の最高峰リーグである高円宮杯プレミアリーグWESTに所属しており、高体連では最高順位となる3位の好位置につける(7月27日現在。以下同様)。青森山田もプレミアEASTに所属し、現在2位。

 順当に勝ち上がれば、東西プレミアリーグのトップ対決が早くもここで実現することになる。

【次ページ】 郷家友太、中村駿太だけでなく才能が集まる青森山田。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
青森山田高校
東福岡高校
明徳義塾高校
阿部海大
福田湧矢
郷家友太
中村駿太
壇崎竜孔
堀脩大
田部井涼
飯島陸
米子北高校
富山第一高校
坪井清志郎
長崎総合科学大附属高校
安藤瑞季
昌平高校
杉山弾斗
静岡学園高校
山下勇希
池平直樹
高橋大悟

ページトップ