テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭が予言した杉田祐一の躍進。
28歳、ついに「心の強さと運」が。

posted2017/07/07 07:00

 
錦織圭が予言した杉田祐一の躍進。28歳、ついに「心の強さと運」が。<Number Web> photograph by AFLO

念願のウィンブルドン初勝利を手にした杉田。松岡修造氏の世界ランキング最高位を超えたこともエポックメイキングだ。

text by

井山夏生

井山夏生Natsuki Iyama

PROFILE

photograph by

AFLO

 杉田祐一がアンタルヤ・オープン(ATP250)で優勝した。この優勝によって杉田は日本男子として、松岡修造、錦織圭に次ぐ3人目のATPツアー優勝者となり、さらに最新のランキングでは44位に躍進。松岡の最高順位46位を抜いて歴代2位を記録した。2017シーズン開幕時の杉田のランキングは112位で、わずか半年でここまでランキングを上げたことになる。

 優勝したことで初めて杉田に関する情報を得た方も多いだろう。それを補足する意味で、改めて杉田祐一というテニス選手のプロキャリア10年を振り返ってみよう。

「これだけ固まっているのだから誰か出てくるだろう」

 で期待の声が囁かれていたのは2006年のことだった。会田翔(1988年4月28日生まれ。以下同)、伊藤竜馬(1988年5月18日)、富田玄輝(1988年7月13日)、杉田祐一(1988年9月18日)、一藤木貴大(いっとうぎ・たかひろ/1988年12月17日)、喜多文明(1989年1月21日)、そして錦織圭(1989年12月29日)という才能豊かな17歳~18歳が様々なアプローチで世界を目指していた。

「出てくる」という表現は、松岡修造のように世界のテニスシーンに登場する選手が現れるということだった。

 その中でも当時から実績で抜けていたのは錦織圭だ。イタリア国際ジュニア・シングルス準優勝、全仏ジュニア・ダブルス優勝という特筆すべき成績を挙げていて、ジュニア年齢をあと1年残しながらすでに世界のトップクラスにいた。

 錦織はこの頃からすでに日本テニス界のスターだった。問題は誰が錦織に続くのか? というもので、2番手として注目されていたのが杉田だった。

 ジュニア時代の杉田の実績は圧倒的だった。最初に注目されたのは高1の時。杉田はワイルドカードで出場した全日本選手権で、16歳ながらベスト16まで勝ち上がった。

【次ページ】 「史上初の高校生」が福原愛と斎藤祐樹と同級生に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
杉田祐一
錦織圭
ロジャー・フェデラー

ページトップ