藤田俊哉の日欧蹴球比較論BACK NUMBER

ジダン、ロナウドは練習から別次元。
藤田俊哉が受けたレアルの衝撃。

posted2017/06/28 11:00

 
ジダン、ロナウドは練習から別次元。藤田俊哉が受けたレアルの衝撃。<Number Web> photograph by Toshiya Fujita

カーディフでの決戦はもちろんだが、試合までにレアル・マドリーが歩んだプロセスがさらに興味深かったのだという。

text by

藤田俊哉

藤田俊哉Toshiya Fujita

PROFILE

photograph by

Toshiya Fujita

 ジダンとC・ロナウド。

 レアル・マドリーを象徴する2人が、欧州最高の舞台で強烈な存在感を示していた。

 ウェールズ・カーディフでのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は世界最高峰の戦いにふさわしい好ゲームだった。

 結果は皆さんもご存じの通り、4-1でレアル・マドリーがユベントスを破り、CL史上初となる連覇を達成した。

 最終的にはレアルの強さ、試合巧者ぶりが際立つ一戦となったが、それもユベントスが守備的な戦い方に固執することなく、攻守にバランスのとれたチームで、正面から王者レアルに挑んだからだ。

「カテナチオ」と呼ばれる典型的なイタリアフットボールをするだけでなく、パスを繋ぎ、ゲームを組み立てるフットボールに移行させ、チーム力を高めた。

 国内リーグ6連覇という偉業を成し遂げ、CLでの戦いぶりも価値のあるものだったが、決勝戦は一発勝負になるだけに難しい。特に守備力の高いユベントスはホーム&アウェーでより力を発揮できるチームだけに、厳しい戦いとなってしまった。

最大の収穫は、試合までのプロセスを見て取れたこと。

 今回の1番の収穫は、試合前日より現地入りし、両チームの試合までのプロセスをピッチレベルで感じられたことだ。驚いたのは、トレーニングスタイルに違いがはっきり見て取れたことだ。

 終始リラックスした中でトレーニングし、試合に向け調整したユベントス。張りつめた緊張感のなか、試合同様のテンションで行ったレアル。

 どちらも前日トレーニングは約60分だったが、そこには大きな違いがあった。

【次ページ】 試合前のシュート練習、パス出し役はジダン。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
クリスティアーノ・ロナウド
ジネディーヌ・ジダン
レアル・マドリー
ユベントス
藤田俊哉

ページトップ