セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

インテリスタの愛情はもう冷えた。
長友佑都、7年目に味わう言語の壁。

posted2017/06/30 11:00

 
インテリスタの愛情はもう冷えた。長友佑都、7年目に味わう言語の壁。<Number Web> photograph by AFLO

サイドライン近くを90分間にわたって上下動する姿こそが長友らしさである。ベンチを温め続ける姿は似合わない。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 南京の家電王、張近東にインテルが買収されてから、1年が過ぎた。

「フォッザ・インダ!」

 慣れないイタリア語で「フォルツァ・インテル(頑張れ、インテル)」と言いたかった新オーナーによる珍妙な発音の激励は、カルト的人気を博したものの“チャイニーズ・インテル”門出のシーズンは、ヨーロッパリーグ(EL)でのグループリーグ早期敗退とセリエAでの7位低迷という散々な結果に終わった。

 昨年の今頃、インテルの監督はまだマンチーニだったはずだが、南京の蘇寧グループ本社は1年で4回も監督の首をすげ替えた。欧州サッカー進出の2シーズン目に臨む彼らが、また新たな指揮官の招聘を躊躇う理由はない。

戦術家スパレッティを招聘し、巻き返しを図るが。

 捲土重来を託されたのは、2016-2017シーズンまでローマを率いていた監督スパレッティだ。

 国内外7つのタイトル歴を持つスパレッティは有能な指導者だが、名うての皮肉屋としても知られる。オーナー詣でとなった南京での所信表明でも、これから指導する選手たちへ警告することを忘れなかった。

「インテルの監督になって、何のタイトルも獲れないのであれば、私は何の価値もないも同然。私が望むのは、勝利を常とするチームだ。もし、今の時点で『俺は名門インテルの選手だ』と思い上がる輩がいれば、よそへ行ってもらって結構」

 スパレッティは、ローマ時代にも好んだ4-2-3-1をチーム戦術の基本に置くことを表明している。知己である前任者ピオリも同じ布陣を多用していたから、現チームにも馴染みがある。

 ただし、そこにDF長友佑都の立ち位置が見えてこないのは気がかりだ。

【次ページ】 故障がないのに、昨季リーグ戦は16試合出場だけ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
インテル
セリエA
長友佑都

ページトップ