F1ピットストップBACK NUMBER

「レース人生でも完璧な決断だった」
ハミルトン、聖地で最多3勝に並ぶ。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/12 10:50

「レース人生でも完璧な決断だった」ハミルトン、聖地で最多3勝に並ぶ。<Number Web> photograph by AFLO

チームメイトのロズベルクに喜びを爆発させるハミルトン。昨年に引き続きドライバーズポイントでもトップを走っている。

 母国GPで今季5勝目を挙げハミルトンは、チームメイトのロズベルグに17ポイント差をつけランキングトップを維持した。

 日曜日の朝、いつもより早くホテルを出たにも関わらず、シルバーストンへ向かう道が混雑しており、いつもより1時間も遅くサーキットに到着した。

 開幕戦から9戦目、今年初めて味わうグランプリ渋滞である。

 イギリス人にとって、シルバーストンで開催されるイギリスGPは特別な意味を持つ。

 それはハミルトンが土曜日の予選でポールポジションを獲得したあとのインタビューで、イギリス人の司会者がこんな質問をしていることからもわかる。

「あしたのレースでは、イギリス人としてシルバーストンで開催されるイギリスGP最多勝となる3勝目がかかっていますが、抱負をお願いします」

 イギリス人がシルバーストンを特別な舞台と位置付けているのは、もちろんこのシルバーストンが第1回F1グランプリの舞台だったからだが、理由はそれだけではない。

 F1が誕生する2年前の1948年に、王立自動車クラブ(RAC)によって、初めてイギリスでグランプリレースが開催された地がシルバーストンだったからである。

「シルバーストンの勝利は何物にも代えがたい宝物」

 以後、イギリスのモータースポーツはロイヤルファミリーの庇護の下で育まれていった。

 イギリス人にとってシルバーストンは聖地のような場所であり、そこで開催されるイギリスGPは伝統的な文化。特別な意味を持つ。

 '94年にここで母国グランプリ初制覇を達成したデーモン・ヒルは言う。

「シルバーストンでの勝利は、チャンピオンだった父も成し遂げられなかった。イギリス人にとって、シルバーストンでの勝利は何物にも代えがたい宝物だ」

 この年、シルバーストンの表彰台に姿を現し、トロフィを勝者に手渡したのはダイアナ妃だった。

 そのシルバーストンでもっとも多くの栄冠を手にしてきたドライバーが、2人いる。

 ひとりは、1960年代に「フライング・スコット」の異名で活躍したジム・クラーク。もうひとりは、'80年代から'90年代にかけて「大英帝国の息子」という愛称で親しまれたナイジェル・マンセルである。

【次ページ】 ハミルトンが挑んだ3度目のシルバーストン制覇。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
メルセデスAMG

ページトップ