Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<プロゴルファー7年目の決意> 有村智恵 「自分のためにアメリカへ」 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/11/08 06:02

日本で活躍した多くの選手が海を渡り、アメリカツアーに
主戦場を移してきた。そのなかで日本ツアーにこだわり続けた看板プロが
ついに渡米を口にした。揺らぎ続けた思いの裏側にあったものとは。

 宮里藍は後輩の心の中にあるためらいに気づいていた。コースで会った時に米ツアーについて聞かれることはあっても、その後輩は「日本でまだやり残していることがあるんです」と話していたからだ。

「そうやって迷っている分にはまだ来ないな」

 それが宮里の印象だった。同じく米ツアーで戦う上田桃子も、宮里藍や宮里美香と「いつこっちに来るんだろう。でもまだ絶対に来ないね」とささやき合っていたのだという。

 宮里藍は幼い頃の夢を叶えるため、上田桃子は世界一のプレーヤーになるため、宮里美香は競い合ってきたライバルに追いつくために。彼女たちにはそれぞれ海を渡らなければならない理由があった。

 そして、迷っていた後輩、有村智恵にもついに理由ができた。スポット参戦した昨年の米ツアーで2位になった時でさえ逡巡していたのが、いよいよ来季からの米ツアー本格参戦を目指すことにしたのである。

“メジャーでも勝てる”自信を持つため、米ツアーに行くしかない。

Chie Arimura
1987年11月22日、熊本県生まれ。東北高校を卒業、'06年プロに転向。'08年プロミスレディスゴルフトーナメントで初優勝を果たす。'09年には5勝し、日本女子ツアー10人目の年間獲得賞金1億円を突破。'11年スタンレーレディスゴルフトーナメントでアルバトロスとホールインワンを1日で達成した。159cm、57kg。

「アメリカに行くたびに、この環境で練習をするのと日本で練習するのでは上達具合が全然違うなと感じてました。アメリカなら丸一日練習していても飽きることがない。日本のコースや練習場ではどうしてもできない練習がたくさんあるんです。そういうところでどんどん差がつくんだろうなと思いました。

 メジャーに出たときには、英語が話せないこととかモヤモヤしていた部分もあって、胸を張って試合に出られていない自分がイヤでした。とにかく自信を持って、メジャーでも“勝てる”と思って臨めるようになりたい。そのためには米ツアーに行くしかない。それが素直な気持ちですね」

 理想のゴルフ、理想の自分を追求したい。誰のためでもなく、自分のために海を渡る。大きな決断の理由そのものが、有村のゴルフに臨む姿勢の変化を物語っていた。

 今シーズンが始まる前は、理想など掲げていられない状況にあった。昨季途中に痛めた手首の回復を待つために開幕からの3試合を欠場。体への負担を考慮して今季は海外遠征も封印することにした。この先も無事にゴルフを続けていけるのか。そんなことを心配せざるを得なかった。

<次ページへ続く>

【次ページ】 “早すぎる”今季初勝利に悩む有村に父から電話が。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ