Number ExBACK NUMBER

松井珠理奈がプロレス愛を語る。
「もはやプロレスは生活の一部!」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byWIP2017製作委員会/AKS

posted2017/05/15 11:30

松井珠理奈がプロレス愛を語る。「もはやプロレスは生活の一部!」<Number Web> photograph by WIP2017製作委員会/AKS

ハリウッドJURINAのリングネームは、もちろんハリウッド・ハルク・ホーガンから来ている。指差しポーズも堂に入っている。

決め技に加えて、「愛してまーす!」も。

 これは偶然なんですが、『豆腐プロレス』で私が演じているハリウッドJURINAの決め技は、棚橋選手の「ハイフライフロー」ならぬ「フライングJURINA」なんです。この技は最初のプロレス練習のときにミラノ先生(ミラノコレクションA.T.)が、私に適していると教えてくださいました。

 実は最初、あの技のためにトップロープまで登るのが怖くて。技の前の決めポーズが重要で、「いくぞー!」と言うときにロープに登って、人差し指を高く上げないといけないんです。それも撮影をしているので、できるだけ長く乗っていないといけない。

 でも、あそこ結構不安定なんですよね。実際、最初のころは怖くて膝が曲がっていたんですが、棚橋選手から膝を伸ばさないとその後のジャンプの高さが出ないからちゃんと伸ばしてと教えていただいて、それからは頑張って伸ばすようにしています。

 その決め技の影響なのか、JURINAのキャラクターも棚橋選手っぽくなってきて。今後放送される回でも棚橋選手の決めゼリフ、「愛してまーす!」を叫ぶシーンがあります(笑)。

 ドラマでは、ずっとチャンピオンの道を歩んできたJURINAが、あるとき初めて負けてしまうのですが、そのときに私のファンの方やプロレスファンの方が、「JURINAが負けたのが悲しくてリアルに泣きました」と言ってくださったんです。

 私自身も試合をしていて悔しかったんですが、でも、プロレスもアイドルも、きっとスポーツでも、負けてからまた新たなストーリーが始まるんですよね。そこから這い上がっていくハリウッドJURINAを応援してほしい。

 今まではチャンピオンだったので、「私は強い! みんな私を見ろ!」という気持ちで闘っていたんです。でも、一度負けてからはがむしゃらで鬼気迫る感じだったり、逆に、たまに負けたときを思い出して弱さが出ちゃったりとか、今まで見ることができなかった面が出てくると思うので、そういうところに注目していただけたらなと思います。

「もはやプロレスは生活の一部になってます」

 私がこうやってプロレスのことを話したり、Twitterでプロレスのことを書くと、ドラマが終わったらどうせプロレスツイートも無くなるんでしょ、と言われることもあるのですが、そんなことは絶対にありません! もはやプロレスは生活の一部になっています。プロレスのおかげで頑張れているので、これからもお世話になります。

 そして、これからもプロレスファンでいることを約束します!

取材中も、松井さんはNumberプロレス総選挙の30位までのランキング(第2次中間発表時点のもの)を見て大興奮。宮原健斗選手の名前があることを喜んだり、永田裕志選手の名前がないことにがっかりしたり。
現在1位の内藤選手が、一昨年にNumberが行った「新日本プロレス総選挙」では12位だったことを伝えると、自分もAKB総選挙でチャンピオン崩しをしたい、と意気込んだ。
「私も内藤選手みたいになりたいですね! ヒールになろうかな! 悪くなろうかな!(笑)」

プロレス総選挙・投票ページhttp://number.bunshun.jp/articles/-/827750
プロレス総選挙・Twitter経過報告アカウント@sgnprowrestling

関連コラム

BACK 1 2 3 4
4/4ページ
関連キーワード
松井珠理奈
棚橋弘至

ページトップ