リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

90分で5.8回相手を“完全に”かわす。
ネイマールのドリブルが異次元の域。

posted2017/05/11 11:00

 
90分で5.8回相手を“完全に”かわす。ネイマールのドリブルが異次元の域。<Number Web> photograph by Getty Images

バルサへ来て4年、ネイマールは確実に「メッシの次の世界一の選手」に育ちつつある。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Getty Images

「サッカーの解釈と表現が他の選手だけでなく、他のブラジル人選手とも異なる。ウソのようなドリブルで相手を狂わせてしまう。ドリブルというより、バレエを踊っているかのように見えるときさえある。バルサのファンでない人はそう思えないだろうが、彼を観るのは楽しいよ。素晴らしく、プレイに無駄がなく、華やかな選手だ」

 第36節のビジャレアル戦を4-1で快勝した後、ルイス・エンリケがこう称えたのはネイマールである。

 '13年の夏に鳴り物入りでバルセロナにやってきた彼は、それ以来さすがのパフォーマンスを続けてきたが、ここ数カ月はレベルがさらに上がっている。チームの攻撃と試合の流れに対する影響力が、ブラジルのサントスにいた頃に匹敵するほどになっているのだ。

ワイドなポジションからゴール前へ侵入する。

 覚醒のきっかけといえそうなのは、ルイス・エンリケが敢行した4-3-3から3-4-3へのフォーメーション変更である。

 2月14日のCLパリSG戦第1レグを4-0という大差で落とし、直後のリーガでも数段格下のレガネス相手に苦戦したチームを見て、ルイス・エンリケは決断を下した。ブスケッツとメッシを中心に中盤が再構築され、サイドバックの位置取りと攻撃参加のタイミングも変わった。

 おかげで、ネイマールのプレイエリアにも変化が生じた。

 フォーメーション変更前と変更後のヒートマップを較べると、違いは歴然としている。たとえば1月の国王杯アスレティック戦では左サイドラインから9~18mほどの幅の帯上でプレイしていたネイマールだが、3-4-3での3試合目となったリーガのセルタ戦になると、自陣から敵陣半ばまではラインにべったり貼りつき、ペナルティエリア前まで来たところで中央へ向かって動いている。

 いうならば、チームの戦術に沿ったポジショニングと、ボールとゴールを求める本能的なポジショニングの両立だ。

【次ページ】 ドリブル成功率、成功回数はともにリーガ最高。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
ネイマール
バルセロナ

ページトップ