沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

前から行って、差し馬の末脚を使う。
キタサン&武豊が春天衝撃レコード。

posted2017/05/01 11:20

 
前から行って、差し馬の末脚を使う。キタサン&武豊が春天衝撃レコード。<Number Web> photograph by Kyodo News

前目のポジションで競馬ができる、というキタサンブラックの特性は凱旋門賞でもストロングポイントになるはずだ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 王者・キタサンブラック対グランプリホース・サトノダイヤモンド。現役最強馬を決める一騎討ちになると思われた第155回天皇賞・春(4月30日、京都芝外回り3200m、4歳以上GI)は、終わってみれば、キタサンブラックの強さばかりが目立つ一戦だった。

「逃げ宣言」をしていたヤマカツライデンが長距離戦とは思えないハイペースで馬群を引っ張り、正面スタンド前へ。実況が「最初の1000m通過は58秒3」と告げると、場内から拍手が沸き起こった。

 武豊のキタサンブラックは、ヤマカツから7、8馬身離れた2番手につけた。キタサン自身のペースも決して遅くはなかったのだが、それでも、やや前に行きたがっていた。調教で周回コースを長めに走る長距離仕様の仕上げをしてきたとはいえ、2000mだった前走から距離が一気に1200mも延びたのだから、折り合いが難しくなるのもやむを得ないところか。

「タフなレースでした。この馬でなければ耐えられないペースだった。道中少し前の馬を追いかけてしまいましたが、あまり遅い流れにはしたくないと思っていました」と武は振り返る。

追いすがる馬に体を併せることすら許さない勝利。

 そのままペースは緩むことなく流れ、キタサンブラックも前との差を一定に保ったまま、厳しいラップを刻みつづけた。

 そして、楽な手応えで4コーナーを回りながら先頭に立ち、後続に2、3馬身の差をつけて直線に入った。

 サトノダイヤモンドは、すぐ前の内目を走るシュヴァルグランとともに進出し、キタサンを追いかけた。

 しかし、内埒沿いを進むキタサンブラックの勢いは衰えず、追いすがる馬たちに馬体を併せることすらさせない。2着に1と1/4差をつけて、史上4頭目の天皇賞・春連覇を達成した。

【次ページ】 末脚勝負ならキタサンを1秒上回る必要があったが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
キタサンブラック
武豊

ページトップ