F1ピットストップBACK NUMBER

異例すぎるモナコ欠場インディ参戦。
アロンソの挑戦はホンダあってこそ。

posted2017/04/23 07:00

 
4月12日、バーレーンGP前に会見したアロンソ。決勝では力走するもパワー不足は明らかで、残り2周で自らマシンを止めた。

4月12日、バーレーンGP前に会見したアロンソ。決勝では力走するもパワー不足は明らかで、残り2周で自らマシンを止めた。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

AFLO

「マクラーレンとホンダ、そしてアンドレッティ・オートスポーツとともにインディ500に出場できることを楽しみにしている」

 これは5月28日にアメリカ・インディアナポリスで決勝レースが開催されるインディ500への参戦を表明したフェルナンド・アロンソの第一声だ。

 1911年に始まったインディ500は、フランスのル・マン24時間(1923年開始)、そしてF1のモナコGP(1929年開始)と並び、レースという枠を超えた伝統と格式を備えた世界3大ビッグレースイベント。その中でも、インディ500は観客動員数が決勝日だけで30万人を超えると言われ、レーシングドライバーにとって、憧れの舞台となっている。

マクラーレンにも、インディカーにもエンジン供給。

 だが、自動車メーカーや大手企業がチームを運営している現在のF1の契約では、ドライバーが他のカテゴリーのレースに参戦することは事実上不可能とされてきた。

 今回、マクラーレン・ホンダの現役ドライバーであるアロンソが参戦できたのは、ホンダがF1だけでなく、インディ500を含むアメリカのインディカー・シリーズにもエンジンを供給していたことが大きく貢献していた。アロンソはホンダがエンジンを供給しているアンドレッティ・オートスポーツのマシンに乗り込み、かつてインディ500で勝利した経験があるマクラーレンのカラーリングで走ることになっている。

 F1ドライバーのインディ500挑戦には、もうひとつ障害があった。同じ5月28日にF1のレースが予定されていることだ。しかも、それは同じ世界3大ビッグレースイベントのひとつであるモナコGPである。

 そこでアロンソとマクラーレンは、モナコGP欠場という決断を下したのだ。

 だが、モナコGPを欠場してまでインディ500を選択したアロンソの決断に、F1界が少しばかり冷めた対応をとるのは当然のことだった。

【次ページ】 F1ドライバー、チーム側から批判が続出するが……。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ