酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

世界がやっと菊池涼介に気がついた。
データで見るNPB史上最高の守備能力。

posted2017/03/17 11:00

 
世界がやっと菊池涼介に気がついた。データで見るNPB史上最高の守備能力。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

菊池涼介と坂本勇人が披露したグラブトスは、確実に大会のハイライトになるシーンだったが、彼はシーズン中これぐらいのことを何度もやる男である。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 世界が菊池涼介に注目し始めた。

 WBC2017は、日本の快進撃に沸いている。アメリカでも大きく取り上げられるようになった。様々な選手が報道されているが、とりわけ菊池涼介の守備に大いに注目しているようだ。

 センター前に抜けようという打球に飛びつき、たびたびピンチを防いできた。アメージング! と言う声も上がっている。

 私は「ふふん、今頃気が付いたか」と思った。日ごろから数字をいろいろと調べていて、菊池涼介が「異次元の二塁手だ」ということを知っていたからだ。

 守備成績の項目に「補殺(Assist)」というものがある。打球を捕り、塁に送球をするなどして、打者、走者をアウトにするプレー。二塁手の場合、ほとんどがゴロだ。

2016年、2位に50近い大差をつけて捕殺数1位。

 2016年、NPBの二塁手の補殺数ベスト5は以下の5人だ。

1.菊池涼介(広島) 525 141試合
2.田中賢介(日本ハム) 476 142試合
3.浅村栄斗(西武) 450 142試合
4.西野真弘(オリックス) 448 142試合
5.山田哲人(ヤクルト) 417 133試合

 菊池は2位の日本ハム田中賢介に50個近い大差をつけて、補殺数では断トツの1位だ。

 年間で他球団の二塁手より50も多いゴロを処理しているのだ。菊池の貢献度は予想以上に大きい。

 もちろん、ゴロは飛んでこなければ処理できない。昨年の広島には、黒田博樹と言うMLB時代から屈指の「ゴロ打たせの名人」がいた。さらに、一塁は39歳の新井貴浩で、守備範囲はぐっと狭くなっている。菊池の仕事が増える素地がそろっていたのだ。

【次ページ】 2013年は18個あったエラーが、2014年には4個に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
菊池涼介
広島東洋カープ
侍ジャパン
WBC

ページトップ