ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

真壁刀義、新日本を救った男の20年。
スイーツの土台は10年間の「地獄」。

posted2017/03/03 17:00

 
真壁刀義、新日本を救った男の20年。スイーツの土台は10年間の「地獄」。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

リングに上がれば金髪にチェーンで雄々しい姿、スイーツを前にすると子供のような愛くるしさ。真壁の魅力はそのギャップにある。

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph by

Tadashi Shirasawa

「なげーようであっという間……あっという間のようでなげー20年だったな」

 2.21新日本プロレス後楽園ホール。デビュー20周年記念試合を終えた真壁刀義は、会見場に着くと、こうコメントし始めた。

 一見、ありきたりなコメントにも思えるが、真壁の言葉には実感がこもっていた。今や“スイーツ真壁”としての顔も持ち、新日本でも1、2を争う知名度を誇る。リング上でもなくてはならない存在だが、現在のトップレスラーで、彼ほどの苦労人はいない。

「20年のうち、最初の10年は地獄だったよ。長い長い地獄の日々だった。そこを抜けた、後半の10年は死に物狂いでやったから、あっという間だったね」

 その最初の10年で、とくに新弟子(練習生)時代はデビューできたのが奇跡に思えるほど過酷な毎日だった。以前、筆者がインタビューした際、当時のことをこう語っている。

「新弟子の頃は、それこそ本当に地獄だったからな。合宿所からの夜逃げなんて何度も考えたけど、どうせ辞めるなら、こいつら(先輩)全員刺し殺して逮捕されりゃいいって、俺ホントに思ってたから。これマジだぜ? 大マジよ」

「要するに、辞めさせるために殴ってるわけよ」

 真壁は大学卒業後、'96年4月に新日本プロレスに入門。当時は4大ドームツアーを行うなど、新日本の黄金期。リング上は華やかだったが、それを支える道場での練習は過酷を極めていた。ただでさえ厳しい練習の中で、先輩から後輩への鉄拳制裁は当たり前。暴力が日常化している“狂気の季節”でもあったのだ。

 その中で、アマチュアスポーツや格闘技での目立った実績がなく、学生プロレスも経験していた真壁は、とくに先輩の標的にされた。

「要するに、辞めさせるために殴ってるわけよ。理不尽な暴力でふるいにかけてるんだよな。殴られて殴られてまた殴られて。その繰り返しでも、お前生き残れんのかよ? だったら認めてやるぜっていう世界だったからさ」

【次ページ】 ボコボコにされた真壁を救ってくれた、山本小鉄。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
新日本プロレス
真壁刀義
山本小鉄

ページトップ