JリーグPRESSBACK NUMBER

カズはいつだってJを大事にしてきた。
50歳の情熱が、日本を前進させる。

posted2017/02/27 11:45

 
カズはいつだってJを大事にしてきた。50歳の情熱が、日本を前進させる。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

真剣な表情と、笑顔が交互に覗く。満員の観客の視線を一身に浴びて、ピッチ上のカズはサッカーが本当に楽しそうだった。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 目の前に広がる景色を、彼は心に刻んだに違いない。

 横浜FCに所属するカズこと三浦知良が、また新たな金字塔を打ち立てた。自身が持つJリーグ最年長出場記録を、50歳の大台へ乗せたのである。2017年2月26日に行なわれたJ2リーグ開幕戦は、奇しくも彼の誕生日だったのだ。

 松本山雅FCとホームで対峙した一戦に、カズはスタメン出場した。先発に名を連ねるのは昨年7月以来で、開幕スタメンとなると2015年以来2年ぶりだ。

 選手入場はチームの最後で、集合写真に後列右端で収まる。お馴染みのルーティーンを経てキックオフを迎えると、背番号11はピッチを疾駆する。

 ゲームが動き出しても、ボールに触る場面はなかなか訪れない。最初のプレーは5分だった。相手のCKをヘディングでクリアする。オフェンスの局面でのボールタッチは、限られたものとなった。

“キング”の役目と、ただのフットボーラー。

 それも想定済である。反町康治監督が率いる松本山雅は、昨年のJ2リーグで3位に食い込んでいる。2度の直接対決は、どちらも黒星を喫した。昨年のJ2で8位の横浜FCは、チャレンジャーの立場なのだ。

「松本はJ2でトップレベルのチームですから、たくさんのチャンスを作れるとは思っていなかった。それよりも、キャンプからやってきたチームが一体となって守備をして、そこから自分たちの形へ持っていく、という。FWでも守備の連動は心がけていて、そのなかで前へ出てゴールに絡みたかったんですけどね、なかなかそういう形は少なかったですね」

 カズは65分までプレーし、チームは1-0で勝利をつかんだ。試合後にはピンクのスーツに着替え、バースデーケーキを口に運んだが、これはもう“キング”としての“役目”と言っていいものだ。メディアを通したファンサービスだろう。ピッチに立っていた50歳は、ひたむきなフットボーラーだった。

【次ページ】 カズが語った「上へいけるチームの条件」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
三浦知良
横浜FC

ページトップ