Number ExBACK NUMBER

監督・ジダンのサッカーとは何か。
恩師デルボスケたちに聞いてみた。

posted2017/02/14 07:00

 
史上初めてCLとW杯、ユーロの3つを制した監督であるビセンテ・デルボスケ。現在は講演などを行う日々だ。

史上初めてCLとW杯、ユーロの3つを制した監督であるビセンテ・デルボスケ。現在は講演などを行う日々だ。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Daisuke Nakashima

 ジダンのサッカーとは何なのか。

 彼がレアル・マドリーの監督に就任してから、世界中のメディアやジャーナリストがそれを語ってきたけれど、どうもしっくりくるものがない。

 結果は出している。

 就任から半年もたたずにチャンピオンズリーグを制し、現在はリーガで首位。国王杯こそ敗れたものの、CLとリーガに照準を絞れる好位置にいる。監督として優秀であることは証明済だ。しかし、ジダンのサッカーは何かと問われると、いまいちはっきりしない。分類しにくいのだ。

 彼にはグアルディオラやベンゲルのような揺るがない哲学はどうにもなさそうだし、モウリーニョのような強烈な個性もない。クロップやコンテ、シメオネのような熱さも、あるいはサンパオリのようなマニアックさもない。これらの監督は名前を聞くだけでどんなサッカーをするのか想像できるけれど、ジダンのサッカーは描けない。思い浮かぶのは現役時代、ピッチの上でみせた甘美でスローなダンスくらいだ。

デルボスケ「監督に明確なスタイルは必要かい?」

 それでは選手時代のジダンを起用する立場にあった人たちは、15年後の教え子をどう見ているのか――。

 ジダンの全盛期をレアル・マドリー監督としてベンチから見ていたビセンテ・デルボスケに会いにいった。

「ジダンはどんな監督なのか? いい質問だ。私にも分からない」

 デルボスケは微笑む。

「たしかにまだ、ジダンのチームはこんなサッカーをする、という彼独自の形はないかもしれない。しかしだ。監督とははたして、明確なひとつのスタイルを持つべきだろうか? それでは聞くが、私は監督としてどんなサッカーをしていただろう?」

【次ページ】 「私は自分のサッカーより、チーム状況を優先した」

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ