Number PLAYBACKBACK NUMBER

「リハビリ中、たくさん泣いたんだ」
内田篤人が明かす苦闘の1年9カ月。

posted2017/02/10 08:00

 
「リハビリ中、たくさん泣いたんだ」内田篤人が明かす苦闘の1年9カ月。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

12月8日、ELザルツブルク戦の後半から途中出場。639日ぶりにピッチを駆け回った。リハビリが続く右脚は黒い特殊なタイツで覆われている。

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

日本が誇る右サイドバックが、ようやくピッチに戻ってきた。
右膝の激痛に耐えながら、ひたすらリハビリを続ける日々の中、
いかにして心を奮い立たせ、希望の光を見出してきたのか。
約1年9カ月にもわたる、内田篤人の闘いの軌跡を追った。

 2016年12月6日。練習の準備をしている内田篤人に、シャルケの用具係が声をかけた。

「自分のすね当てって持ってる?」

 普段なら聞かれないことを聞かれ、すぐにピンときた。試合用のすね当てが必要になったのは次戦の遠征メンバーに自分が入ったからだろう、と。しかし、本来は用具係が保管しているはずではないのだろうか。

「たぶん、俺のすね当て捨てたんだろうね。彼らはすぐ人のもの捨てるからなあ……」

 内田は冗談半分にそう苦笑した。だが、'14-'15シーズン後半から約1シーズン半にわたって試合出場がなかったのだから、用具係を責めるのも気の毒というものだろう。

 その日の練習では主力組に入り、軽快な動きを見せていた。練習の終盤、日も暮れかけて寒さが増してきた頃、内田はバインツィアル監督に呼ばれた。

「明後日はザルツブルクに行くぞ!」

「『膝どうなの?』と聞かれただけで涙が……」

 すね当てのやり取りから、高い確率でメンバー入りするだろうと思ってはいたが、それが確実となる指揮官からの一言。ピッチ外から見ていても、表情がほころぶのが分かった。だがその一方で、内田は冷静にこう確認した。

「何分くらい?」

「20分から30分と考えている」

 なかなか悪くない答えが返ってきた。

 練習後に話を聞くと、内田は早くも試合出場に思いを馳せていた。

「実際、試合に出たら俺、泣いちゃうかもなあ。リハビリ中もたくさん泣いてきたんだよね。友達とご飯食べてる最中に『で、膝どうなの?』って聞かれただけで、勝手に涙が流れるくらいだったから。『どうした? どうした?』って心配されたりして」

【次ページ】 「ねえ、試合でいつ泣いたらカッコイイ?」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
内田篤人
シャルケ
鹿島アントラーズ
小笠原満男
遠藤康

ページトップ