JリーグPRESSBACK NUMBER

山田直輝の復活を誰よりも願う盟友。
1歳下の原口元気が「早く試合出ろよ!」

posted2017/01/30 11:00

 
山田直輝の復活を誰よりも願う盟友。1歳下の原口元気が「早く試合出ろよ!」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ボールテクニック、運動量、そしてひらめきのバランスが山田直輝の中で再構成され始めている。2度目のブレイクの時は近い。

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

「お前、何やってんだよ! 早く試合に出ろよ」

 昨年末のオフ期間中、久しぶりに一緒にボールを蹴った浦和レッズユース時代の後輩は、人に気を遣うのが苦手なタイプ。開口一番からずけずけくる。J2に降格した湘南ベルマーレでレンタル3年目を迎える山田直輝は、1歳下の原口元気に生意気な口を叩かれても意に介していなかった。

「ずっと一緒にプレーしてきたし、社会人としては同期だから(笑)。昔の僕をよく知っているやつだし」

 昨季、湘南でシーズン通してレギュラーだったとは言えないが、手応えをつかみつつある男は余裕の笑みを浮かべていた。

 お前ならもっとやれるだろ――。

 そんな、不器用な盟友の思いをくみ取っているようだった。

先に代表デビューを飾ったのは山田だった。

 かつて浦和ジュニアユース、ユースでは息の合ったコンビプレーを見せて日本一に輝いた。トップチームに昇格したのも、同じ2009年シーズン。浦和では1年目から互いに脚光を浴び、切磋琢磨した。順調にキャリアを積み重ねた原口は2014年5月にドイツのヘルタ・ベルリンへ移籍し、2年目から苦難の連続だった山田は、2015年1月に期限付き移籍で湘南へ。今季でプロ9年目。別々のユニフォームを着て、戦うリーグもカテゴリーも違う。立場は大きく変わった。

「今の原口は日本代表のレギュラー。点まで取っている。僕が背中を追う側になった」

 ひと足先に日本代表デビューを飾ったのは、山田だった。2009年5月27日。チリ戦の前半から途中出場すると、絶妙なクロスでいきなりアシストを記録。岡田武史監督(現・日本サッカー協会副会長)はその才能に驚きを隠さず、香川真司は、18歳ながら堂々とプレーする度胸に目を丸くした。

【次ページ】 湘南で取り戻した「僕のやるべきプレー」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
山田直輝
原口元気
湘南ベルマーレ
浦和レッズ

ページトップ