プレミアリーグの時間BACK NUMBER

マンUが久々に優勝戦線へ参戦か?
イブラは流石、あとはポグバだけ。

posted2017/01/21 11:00

 
マンUが久々に優勝戦線へ参戦か?イブラは流石、あとはポグバだけ。<Number Web> photograph by Getty Images

移籍金にも反映されている「期待度」を思えば、今のポグバはやはり物足りない。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

「恐れるものなど何もない」

 アウェイでのプレミアリーグ21節マンチェスター・ユナイテッド戦を前に、リバプールのユルゲン・クロップ監督は言っていた。似たことがメディアで盛んに言われたのは、今季前半戦の10月。マンUは、ホームでのストーク戦(1-1)とバーンリー戦(0-0)を含むリーグ戦4試合で1敗3引き分けに終わり、巷では新監督のジョゼ・モウリーニョが「もはや“スペシャル”ではない」と言われてもいた。

 同月末のリーグ順位は8位。後半戦2試合目でホームにリバプールを迎えた時点では6位。2つしか順位を上げられないまま、リバプールを含むトップ集団の後塵を拝し続けているように見える。

 だが、実際のマンUは過去2カ月間で大きく変わっている。正確に言えば、モウリーニョのチーム作りが具体的な形を見せ始めた。昨年11月6日の11節スウォンジー戦(3-1)から、プレミア6連勝で臨んだリバプール戦前には、「勝てば一気に優勝争い復帰」と語る識者も現れた。

6バックで引き分けを狙った姿はどこへやら。

 元マンUのポール・スコールズだが、中立的な立場でも頷ける意見だった。オールド・トラッフォードでの12節アーセナル戦では内容でパスサッカー集団を圧倒し(1-1)、翌月の15節トッテナム戦でも、積極果敢な姿勢ではアーセナルに勝るとも劣らない敵に主導権を握られることなく、ホームで勝利していたのだ(1-0)。

 結果的に1月15日のリバプール戦には勝てなかった(1-1)。前半にジェイムズ・ミルナーのPKでリードを許し、フルタイム6分前にズラタン・イブラヒモビッチのゴールで敗戦を免れた格好だった。

 しかし同じ引き分けでも、前回対決でのマンUとは違っていた。アウェイで戦った前回は6バック状態で敗戦回避を狙ったが、今回はタフな中盤をバイパスすべくロングボールを厭わないダイレクトな攻め方ではあったものの、勝利を目指して戦い続けた。前半20分の絶好機を逃さずに先制していれば、攻守にフル戦力ではなかったリバプールからの3ポイント獲得は現実的だった。

【次ページ】 ポグバはまだ125億円という移籍金に見合っていない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
ジョゼ・モウリーニョ
ポール・ポグバ
ズラタン・イブラヒモビッチ

ページトップ