ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

「彼は日本のベッケンバウアーだよ」
長谷部誠が戦術理解でリベロ開眼!

posted2017/01/20 11:00

 
「彼は日本のベッケンバウアーだよ」長谷部誠が戦術理解でリベロ開眼!<Number Web> photograph by AFLO

多くのポジション経験を持つ長谷部誠(GKも!)が、今度はリベロでも適性を発揮している。その戦術理解力は底が知れない。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

「過去2シーズンでリーグ戦68試合中64試合に先発したハセベは、残念ながらサブになった。この32歳の選手がレギュラーポジションを失う状況がさしせまっていることを示す、明らかな合図だ」

 そう『キッカー』誌が辛らつに伝えたのは、今シーズン開幕直前のことだった。シーズン最初の公式戦となったドイツ杯1回戦で、長谷部誠がスタメンから外れたからだ。

 そんな報道を受けて、どう感じていたのか。開幕の少しあと、長谷部はこう答えている。

「新しい選手も入ってきたし、チームで競争があるのは当たり前なので。それは今までもそうで。ヴォルフスブルクにいたときにも、最終的にはポジションを勝ち取ってきましたからね。初戦に出られなかったからといって、個人的には焦りはなかったです」

 そして、こうも付け加えた。

「結局、どちらかというと僕は、チームを勝たせるというより、チームのウィークポイントを補うような選手で、そんなに目立たないので。そういう意味では、“評価の難しい”選手だと思うんです」

「彼は日本のベッケンバウアーだよ」

 しかしどうやら、長谷部の言葉は間違っていたようだ。

 もちろん、ポジションを勝ち取れるという自負は正しかった。

 一方で、評価の難しい選手というのは間違いだった。そんなイメージは、すでに変わりつつある。

「ハセベは、年齢を重ねてからリベロとしてプレーしたローター・マテウスを思い出させるんだ」

 賞賛の声をあげるのはニコ・コバチ監督だ。あるいは、ヒュブナーSD(スポーツディレクター)はこんな例えをしている。

「彼は日本のベッケンバウアーだよ」

 いまの長谷部は、ドイツサッカー界のレジェンドであり、「リベロ」というポジションを確立したベッケンバウアーや、W杯最多試合出場の記録を持つマテウスに例えられる立場にある。

【次ページ】 ボランチとリベロを兼ねる長谷部が戦術の核。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
長谷部誠
ニコ・コバチ
アイントラハト・フランクフルト
フランツ・ベッケンバウアー

ページトップ