海外サッカーPRESSBACK NUMBER

シャビ&イニエスタ。パスサッカーを
完成させる最強の頭脳。 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/30 16:30

シャビ&イニエスタ。パスサッカーを完成させる最強の頭脳。<Number Web> photograph by Getty Images

EURO2008、W杯2010、EURO2012と主要大会を三連覇しているスペインの主力は、バルセロナでもチームメイトのシャビ(左)とイニエスタだ。

 相手に厳しく体を寄せられても、何食わぬ顔でパスをつなぎ、ゴールマウスにボールを届ける。なぜ、シャビとイニエスタは僅かな時間とスペースの中で、あれだけ正確にパスをつなげられるのか。頭の中を覗いてみたい。

 バルセロナやスペイン代表のパスサッカーを目にした人ならば、一度は感じたことのある願望に挑戦したテレビ番組がある。『NHKスペシャル ミラクルボディー』のチーフ・プロデューサーを務める中村直文氏は、彼らの脳に注目した理由をこう語る。

「バルサのカンテラ(下部組織)では、選手をスカウトするときに、サッカーにおける頭の良さを重視しています。その象徴がシャビとイニエスタです。彼らは決して体が大きくないのに、バルサに不可欠な存在となっている。脳科学の分野からアプローチすれば、“カンテラ脳”の秘密が分かると思ったんです」

シャビが「状況判断」で叩き出した圧倒的な数字。

 番組では、ノーベル生理学・医学賞の選考にも関わるスウェーデン・カロリンスカ研究所のヴェストベルグ研究員に調査を依頼した。同氏を、まず驚かせたのがシャビの状況判断能力だ。この能力を調べるために、1枚の紙に書かれた1~16の数字をできるだけ素早く番号順に結ぶテストが行なわれた。スタートの合図とともに、シャビの右手がリズム良く動く。そのテンポはスペイン代表のパス回しのようだ。実験後、ヴェストベルグ氏はシャビにこう語りかけた。

「あなたの周囲の状況を把握するスピードは非常に速い。紙の上で数字や文字を見つける速さは、目を見張るものでした」

 人間の脳内には、現在の行動によって将来の結果を予測し、その上で自分が取るべき行動を決める「実行機能」と呼ばれる働きがある。シャビはこの機能の中でも、「状況判断」の分野で圧倒的な数値を叩き出した。

【次ページ】 「これほどの能力を持つのは、人口の1%程度」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
シャビ・エルナンデス
アンドレス・イニエスタ
ブラジルW杯

ページトップ