畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

畠山健介、トップリーグを考える。
15人中11人が日本人なのだから。

posted2017/01/05 17:00

 
畠山健介、トップリーグを考える。15人中11人が日本人なのだから。<Number Web> photograph by Kensuke Hatakeyama

2017年の初詣の大國魂神社にて。おみくじは「末吉」だったけど、そのお告げ内容は上々!?

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph by

Kensuke Hatakeyama

 2016年12月24日、クリスマスイブにヤマハスタジアム(静岡県磐田市)で行われた、ヤマハ発動機ジュビロとサントリーサンゴリアスのリーグ1位と2位の首位攻防戦、直接対決。プレーオフがなくリーグ戦の成績で優勝が決まる今シーズン、勝利したチームが優勝にグッと近づく全勝同士の天王山は41対24で僕たちサンゴリアスが勝利し、今シーズン初めて首位に立った。

 2016年を良い形で終え、迎えた2017年の最初の試合は1月7日(土)、同じ東京都府中市を拠点とする長年のライバル、東芝ブレイブルーパスが相手。会場は2019年ラグビーW杯日本大会の開幕戦会場となる味の素スタジアム(東京都調布市)で、府中ダービーが行われる。

2年目の今年、サンウルブズには結果が求められる。

 トップリーグも残り2試合。ヤマハとの直接対決には勝てたが、まだ優勝が決まったわけではない。優勝争いは最終戦までもつれるだろう。

 トップリーグが終わると休みなく、トップリーグ1位~3位の3チームに大学王者を加えた4チームで日本選手権が行われる。日本選手権が終われば、約1カ月の準備期間を経て、南半球最高峰リーグの「スーパーラグビー(以下SR)」を戦うサンウルブズが始動する。

 日本代表強化の一環として発足したサンウルブズ。

 参入1年目の昨シーズンは様々な問題がある中、苦しい船出となったが、2年目となる今季は日本代表強化のみならず、SRの中でさらなる飛躍と結果が求められる。

 SRの合間になる6月には欧州の強豪国アイルランドとの2試合とルーマニア戦の3試合が予定されており、同年11月のウインドウマンスには、強豪ワラビーズ(オーストラリア代表)とのテストマッチが組まれている。

【次ページ】 SRも大事だが、トップリーグの意義も再確認したい。

1 2 3 4 5 6 NEXT
1/6ページ
関連キーワード
畠山健介
サントリーサンゴリアス
ヤマハ発動機ジュビロ
サンウルブズ
鹿島アントラーズ

ページトップ