話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

柿谷よ、ジーニアスからリーダーに!
C大阪が昇格即優勝を果たすために。

posted2017/01/01 08:00

 
柿谷よ、ジーニアスからリーダーに!C大阪が昇格即優勝を果たすために。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

J1昇格を果たし喜ぶ(左から)秋山大地、杉本、山口、柿谷、丸橋祐介。高い才能が集うだけに、チームとして“芯”ができればJ1でも上位に食い込める。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 セレッソ大阪はJ1昇格プレーオフ決勝でファジアーノ岡山に勝ち、2017年シーズンからJ1復帰を果たした。

 大熊清監督としてみれば重要なミッションを達成したわけだが、J2の他クラブを圧倒する戦力を保持しながら、リーグ戦では4位。2位以内に与えられる自動昇格を実現できなかった。最後にプレーオフで帳尻を合わせたものの、不満の残るシーズンだったと言えよう。

 開幕前、セレッソには煌びやかな選手が集まり、ぶっちぎりでのJ1昇格を予感させた。スイスから柿谷曜一朗、川崎フロンターレから杉本健勇が戻り、中国で活躍したリカルド・サントス、ブルーノ・メネゲウら7名のFWを獲得。玉田圭司、田代有三ら既存の選手もおり、豪華な顔ぶれになった。

 MFもドルトムントから丸岡満が戻り、ツエーゲン金沢からは清原翔平、ブラジルからソウザを獲得。質量ともに分厚い攻撃陣は、J1で上位を戦えるぐらいのメンバーがそろっていたのだ。

柿谷の負傷、ブルーノの移籍で不調に陥った2016年。

 序盤は、その勢いを感じさせるスタートだった。

 開幕8試合で6勝2分、特に開幕から4試合はすべて1-0で勝利し、勝負強さを感じさせた。ところが6月に柿谷が負傷で戦線離脱し、7月に20試合でチーム最多の6得点を挙げていたブルーノ・メネゲウが再び中国へ移籍。攻撃の2枚看板がいなくなると様子がおかしくなった。

 何より、ブルーノの穴はダイレクトに成績に影響した。山口蛍が復帰したもののブルーノが移籍した直後から8月末までの成績は3勝4敗2分。サイドで攻守に貢献し、なおかつフィニッシュの精度が高い選手の穴を埋めることができなかったのだ。

【次ページ】 かみ合わなかった山口とソウザのダブルボランチ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
セレッソ大阪
柿谷曜一朗
大熊清
山口蛍
杉本健勇
丸岡満
ユン・ジョンファン
尹晶煥

ページトップ