“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

東福岡のJ内定3人衆が選手権席巻?
彼らはエリートか、それとも雑草か。

posted2016/12/27 17:00

 
東福岡のJ内定3人衆が選手権席巻?彼らはエリートか、それとも雑草か。<Number Web> photograph by Takahito Ando

左からジュビロ磐田内定の藤川虎太朗、ガンバ大阪内定の高江麗央、鹿島アントラーズ内定の小田逸稀。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

「赤い彗星」

 真紅のユニフォームに身を包む高校サッカー界の雄・東福岡が、2連覇を懸けて高校選手権に挑もうとしている。

 2015年度はまさに“東福岡の1年”だった。

 8月のインターハイで2連覇を成し遂げると、高円宮杯プレミアリーグ・ウエストでは並み居る強豪Jユースを抑え、2位の成績を残す。高校選手権では、3回戦で市立船橋を撃破し、決勝戦では國學院久我山に5-0という圧勝劇を見せて優勝を果たし、日本サッカーのユース年代を赤で埋め尽くすこととなった。

 この時のメンバーが多く残った今年は、当然のように各大会で優勝候補に挙げられた――が、大方の予想に反し、彼らはひどく苦しむこととなった。

 3連覇が懸かっていたインターハイでは、初戦で昌平高校を相手に2-3とまさかの敗戦。

 プレミアリーグ・ウエストでは開幕3連勝と上々の滑り出しを見せていたが、第14節にセレッソ大阪U-18を相手に0-3、15節には京都サンガU-18に3-7、16節にサンフレッチェ広島ユースに0-3と3連敗で急失速。残り2節でわずかに盛り返したものの、年間ランキングでは4位に終わることとなった。

 これで、残された大きな大会は高校選手権のみとなった。

 このまま無冠で終わるわけにはいかない。2連覇というよりも、このまま無冠で終わらないために。

チームにプロ内定者が3人もいる市立船橋と東福岡。

「僕らは王者ではなくチャレンジャー。インターハイ優勝の市立船橋や、チャンピオンシップ優勝の青森山田を倒していかないといけない」(小田逸稀)

 チャレンジャーとしての意識を口にしたDFの小田は、来季から鹿島アントラーズに入団が内定している。他に1年時から出番を掴んでいたMF藤川虎太朗がジュビロ磐田に、MF高江麗央がガンバ大阪に内定している。

 プロ内定選手が1チームに3人もいるのは、全国で東福岡と市立船橋のみ。彼らの存在こそが、今大会で東福岡に注目が集まる要因の1つでもある。

 目前の高校選手権を前に、3人のJ内定選手にそれぞれ話を聞いたが、高校選手権に対する熱い思いと、激しいレギュラー争いの中で掴んだ貴重な経験、そして何よりも今年の成績に対する悔しさが滲んでいた。

【次ページ】 厳しい試練を与え続ける東福岡で、逞しく育つ選手たち。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
小田逸稀
藤川虎太朗
高江麗央
鹿島アントラーズ
ガンバ大阪
ジュビロ磐田
東福岡高校
市立船橋高校
青森山田高校

ページトップ