“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

日本代表の未来のサイドバック!?
桐光学園の主将タビナスに注目せよ。

posted2016/12/26 17:00

 
日本代表の未来のサイドバック!?桐光学園の主将タビナスに注目せよ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

高校選手権連覇を目指す東福岡、高円宮杯U-18CSを制した青森山田、高校総体優勝の市立船橋らと共に、選手権優勝を競う桐光学園のタビナス。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 次世代の日本代表チームのサイドバック候補として注目を集める男が、高校最後の選手権に挑もうとしている。

 神奈川県代表・桐光学園の3年生サイドバックであるタビナス・ジェファーソンは、Jリーグ6クラブ(川崎フロンターレ、FC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪、清水エスパルス、ジュビロ磐田)による激しい争奪戦の末、川崎入りが内定している。

 ガーナ人の父とフィリピン人の母を持ち、抜群の身体能力とスケール感を持っており、桐光学園の3年間で“規格外のサイドバック”と呼ばれるまでの存在に育ったタビナス。

「彼を最初に見た時、そのポテンシャルの高さに本当に衝撃を受けた。すぐにウチに欲しいと思ったし、同時に彼をしっかりと指導出来るかなと……とまで、心配を抱えることとなった。それくらいのポテンシャルだった」

 こう語るのは、桐光学園サッカー部の監督を務める鈴木勝大。

 スカウティング当時、左利きの長身CBとしてFCトリプレッタ(東京)でプレーしていた中学2年生のタビナスを見て、一目惚れした鈴木は、彼の獲得を希望すると共に、ある特別なプランを考えたという。

「彼は当時CBをやっていたのですが、もしウチにきたらサイドバックで起用しようと思ったんです。彼なら僕の理想とするサイドバックになれるはず……と思ったんです」

攻守ともにあらゆる局面でのプレーが求められる位置。

 鈴木の理想とするサイドバック像。それは攻守において「強度の高い」プレーを続けられるサイドバックだ。

「攻撃時にバイタルエリアに侵入し、ドリブルやクロス、シュートで相手の守備網を『破壊』出来る力と、ボールを奪われてから最終ラインまで一気に戻ってくるスピードと心肺機能。そして残り15~20mでボールを奪いきれる、クロスをブロックしきれる守備力。これらすべてが現代のサイドバックに必要だと思っています。

 現代のサイドバックはポリバレントじゃないといけないし、持っている武器が多ければ多い選手ほど、僕はサイドバックに置きたいと思っているんです」

 明確な育成プランを作った上で、鈴木はタビナスにその熱意とプランを伝えた。結果、彼は桐光学園にやってくることとなった。

【次ページ】 「日本人らしいサイドバック」には育てない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
タビナス・ジェファーソン
桐光学園高校
川崎フロンターレ
鈴木勝大

ページトップ