Number ExBACK NUMBER

“キタサン”冠名の誕生秘話。
北島三郎とこれまでの愛馬たち。

posted2016/12/22 11:40

 
ジャパンカップでのキタサンブラックと北島氏。獲得賞金がすでに9億5千万ほどになる同馬に、年末の国民の期待がかかる!

ジャパンカップでのキタサンブラックと北島氏。獲得賞金がすでに9億5千万ほどになる同馬に、年末の国民の期待がかかる!

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

 1年の締めくくりドリームレース有馬記念が12月25日に行われる。13万以上の票を獲得し、ファン投票1位でグランプリに挑むのが、キタサンブラックだ。

 4000勝超えジョッキー武豊とのコンビで今年は天皇賞・春とジャパンカップのGI2勝。勝てば年度代表馬が近づく。

 本命馬のオーナーは言わずと知れた歌手の北島三郎さん。歴代1位、紅白歌合戦出場50回を数える北島さんがサラブレッドのオーナーとなったのは53年前(1963年)。初めて持った馬との間には、涙の物語があったという。

息子と同じ名前をつけた、最初の愛馬。

 北海道出身の北島さんの実家には農耕馬がおり、北島さん自身元々馬が好きだった。デビュー当時所属した事務所の社長が馬好きで、馬主だった縁もあり、最初の馬を持つことになった。

「最初の馬にはリュウと名づけました。息子と同じ名前です。これが中山の芝1200mでデビューして、新馬勝ちしてくれてね。この時の感動は今でも忘れることはできません。歌の世界に例えると、ミリオンヒットを飛ばした時みたいな気分だったなあ」

 リュウは、その後も新潟の飯豊特別を勝つなど活躍した。

「でも、どんないい馬でも別れの時は必ず来る。そうすると息子の名前を付けた馬と別れるのがつらくてねえ。それで馬に身内の名前をつけるのはやめようと思ったんです」

「キタサンブラックと同じく目がものすごくきれいだった」愛馬との“再会”は引退から5年後だった。

【次ページ】 「もうたまらなくて、バーっと涙が出て……」

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ