バレーボールPRESSBACK NUMBER

中央大が独自で始めた海外挑戦制度。
石川祐希をテコにバレー界に革命を。

posted2016/12/11 07:00

 
中央大が独自で始めた海外挑戦制度。石川祐希をテコにバレー界に革命を。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto

16日開幕の天皇杯は1回戦で岡崎建設Owlsと対戦する。来季の目標「4冠」も見据え、石川不在時のフォーメーション、チーム作りも想定に入れて戦う。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Kiyoshi Sakamoto

 バレーボール男子日本代表のエース石川祐希が、来春までイタリアのプロリーグ、セリエAのラティーナでプレーする。

 渡欧を控えた石川は、今月5日都内のホテルで会見し、「絶対にスタメンを獲得してやろうという気持ち。2度目の挑戦となりますが、強い意志を持って臨みたい」と異国での活躍を誓った。

 今回の挑戦は、所属する中央大学男子バレーボール部の後援会が中心となって発足させる次世代の選手育成プロジェクト「“THE FUTURES” WORLD CHALLENGE SUPPORT PROJECT」の第1弾となる。

 プロジェクトのサポート企業、株式会社MTGの参画により、かねてから「また海外でプレーしたい」と熱望していた石川の2年ぶりのイタリア行きが実現した。今後は部員の海外短期派遣や本格的な海外挑戦支援に加え、小・中学校のジュニア世代の選手のためのバレーボール教室などを展開する選手育成や、将来性のある選手を中央大学へ迎えるための選手発掘も行う計画だ。

石川が入学した時、揶揄の声も多かった。

 さらに、海外挑戦を軸とした選手育成プロジェクトを始動することで、将来のバレー界を担う次世代の優秀な選手の輩出も目指しているという。

 3年前の春、中央大に石川が入学したことが、このプロジェクトを立ち上げる大きなきっかけとなった。世界で戦える選手になろうと監督から熱心に声をかけられたことが決め手となり、石川は中大でのプレーを選んだ。監督は当時のことをこう話す。

「いろいろな方から、『石川祐希をどうやって大学が育てるんですか?』と聞かれることも多かったですし、『企業に行くべきだった』とか『中大で何ができるの?』という声を耳にすることも多かった。悔しかったけれど、彼がうちにきた以上は、僕たちには大きな責任があるなと冷静に受け止めました」

【次ページ】 「一緒にやってみないとわからない」という言葉の真意。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
石川祐希
中央大学

ページトップ