マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「育成指名でプロ野球」は是か非か。
教え子を送り出す監督の内心は?

posted2016/11/10 17:00

 
「育成指名でプロ野球」は是か非か。教え子を送り出す監督の内心は?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

磐田東高校時代の加藤脩平は、甲子園の地に立つことなく3年間の高校野球生活を終えた。プロでは花開くだろうか。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

「育成なんて、とんでもない! 私の教え子なら、育成でプロに出すなんて考えられないですね。絶対に出さない。だって、待遇が違い過ぎるでしょ。契約金はひとケタ違うし、年俸だって半分か3分の1ですよ。育成で入れば“三軍”ですから、ファームはグラウンドで練習してるのに、三軍は室内で、陽も当たらない場所で練習してるらしいですよ。

 今はどうか知りませんけど、育成の最初の頃は、3ケタの背番号も、110番とか119番とか、そういう心ない背番号まで付けられて、球場に来た子供たちに指さされて笑われてたって聞きましたよ。私、自分の教え子にそんな情けない思い、絶対させたくありませんから」

 すごい勢いだった。

 ここまで、一気にまくし立てられた。

 高校野球のある強豪校の監督さんと話をしていて、たまたま話題が育成制度にさしかかった時、監督さんのスイッチがいっぺんに“ON”に入ってしまった。

巨人の育成2位、加藤脩平とはどういう選手か。

 2016ドラフト。

 読売ジャイアンツは1位指名で田中正義(投手・創価大)、佐々木千隼(投手・桜美林大)を抽選で外すと、一転、内野手の吉川尚輝(中京学院大)を指名。

 すると、その後の2位から7位までの6人の指名をすべて投手で一貫させると、「育成ドラフト」の1位でもBC新潟・高井俊投手を指名し、1位・吉川尚輝に次ぐ野手の指名は、育成2位の加藤脩平外野手(磐田東高)となった。

 磐田東高・加藤脩平。

 ならば、どのような選手なのか。

 あるスカウトは、「東海地区の高校生では、U18で3番を打って活躍した鈴木将平(静岡高・西武4位)に次ぐ好素材」という評価をしていた。

 177cm84kg、右投げ左打ち。

 通算28本塁打、投手としても140キロ台のスピードをマークして、50m6秒0の俊足も兼備する身体能力豊かな外野手だという。

【次ページ】 「私は脩平のこと、尊敬しちゃいますけどね」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
鈴木将平
加藤脩平
齋藤誠哉
鈴木博志
読売ジャイアンツ
磐田東高校
ドラフト会議

ページトップ