野球のぼせもんBACK NUMBER

田中正義獲得でドラフトは満点か?
ソフトバンクに潜む“中継ぎ問題”。

posted2016/10/26 17:00

 
田中正義獲得でドラフトは満点か?ソフトバンクに潜む“中継ぎ問題”。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

セットアッパーの森は3年連続50試合以上登板、防御率も2点台をキープした。ただ“勤続疲労”を考えれば、新たな人材を確保する時期だったかもしれない。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 田中正義がやってくる。

 それだけで今年のホークスのドラフトは「勝ち組」「満点」などという声を随分聞いた。

 田中については今さらココで説明するまでもない、大変素晴らしい素質を持った未来のエース候補だ。そんな彼が入団してくるのだからその評価は分からなくもない。さらに2位以下も、チームの補強ポイントや中長期的展望に見合った指名を行ったように思う。

 2位指名の古谷優人(江陵高・北海道)は最速154キロを誇る楽しみなサウスポーだ。近年、ホークスがドラフト上位で指名した投手は右腕ばかり('15年1位高橋純平、同2位小澤怜史、'14年1位松本裕樹、'13年1位加治屋蓮、同2位森唯斗)。チームバランスを見ても、圧倒的に若い左腕は足りていなかった。

3位・九鬼、4位・三森も補強ポイントの野手だった。

 3位指名は今年の春夏甲子園でも活躍した九鬼隆平(秀岳館高・熊本)。チームで4番も務めていた強打の捕手には、'05年の城島健司(元マリナーズ、阪神)退団以来どれだけ補強を繰り返しても正捕手を固めきれないホークスの弱点を埋めるという、大きな期待を込められている。

 4位指名の三森大貴(青森山田高)は身長183cmの長身遊撃手。このポジションには不動のレギュラー今宮健太がいるが、バックアップ要員があまりに手薄だった。さらにセカンドには本多雄一、明石健志、川島慶三といった名前が並ぶが、いずれも30代となった。若手の牧原大成や高田知季がチャンスをつかみ切れていない現状もある。

 指名は以上の4名。支配下ドラフトでは12球団で最も早く「選択終了」の文字が浮かび上がった。

 果たして、それで良かったのだろうか。

 本当に100点ドラフトだったのか、どうも腑に落ちないのである。

 筆者としては即戦力投手(下位なので特に言えば社会人出身か)を指名した方が良かったのではないかと思うわけである。

【次ページ】 3連覇を逃した陰の要因は中継ぎの不安定さだった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
福岡ソフトバンクホークス
田中正義
五十嵐亮太
森唯斗
森福允彦
デニス・サファテ
エディソン・バリオス
ロベルト・スアレス

ページトップ