サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

UAE戦、最大の敗因は“誤審”なのか。
リオ五輪卓球監督の言葉から考える。

posted2016/09/02 11:20

 
UAE戦、最大の敗因は“誤審”なのか。リオ五輪卓球監督の言葉から考える。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「なぜこの選手を選んだのか、自分でも疑問に思っています。しかし、他に良い選手がいなかったのが理由です。責任はすべて代表監督にある」(試合後のハリルホジッチ監督のコメント)

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 埼玉スタジアムの記者席で、ふと思い出した。リオ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した、村上恭和監督の言葉を。

「ミスジャッジは、卓球ではしょっちゅうあることですよ。卓球だけじゃなく、世界じゅうのスポーツでなんぼでもあります。主審が判定して、審判長代理もそれを支持した。その判定を認めなかったら、スポーツじゃないですよ。レスリングのモンゴル代表コーチみたいにパンツ一丁になっても、判定は変わらないんです」

 これは準決勝のドイツ戦で、福原愛と対戦したハン・インが放ったボールが台の角に当たり、日本の敗戦が決まった場面を振り返っての言葉だ。日本の選手たちは「ボールが台の角ではなく、側面に当たったからアウトだ」と懸命に抗議したが、判定は覆らなかった。

 9月1日、埼玉スタジアムのピッチでも、サッカー日本代表の選手たちが必死の形相でカタールからやって来たアブドゥルラフマン・アルジャシム主審に抗議を続けていた。

直接FKとPKのファール、シュートの不運も……。

 1-0のリードで迎えた19分、吉田麻也がアリ・アハメド・マブフードの足を引っ掛けたとして、UAEにFKが与えられた。吉田の足がマブフードの足に触れたかどうかは微妙なところ。触れていたとしても、かなりソフトタッチ。明らかにファウルをもらいにいったプレーで、むしろマブフードが自身の切り替えしについていけず、体が流れて転倒しているように見える。しかし、アルジャシム主審は吉田にイエローカードを提示した。このFKをアハメド・ハリルに決められて、同点。

 52分には大島僚太が日本のペナルティーエリア内でイスマイール・アルハマディの足を引っ掛けたとして、UAEにPKが与えられ逆転を許した。これがPKならば、67分に宇佐美貴史がUAEのペナルティーエリア内で腕を使って止められた場面でも、PKが与えられるのが妥当だろう。

 77分には浅野拓磨が放った左足シュートが、UAEのゴールマウス内で完全にゴールラインを越えたが、得点は認められなかった。

【次ページ】 中東の審判団の“笛の傾向”は分かっていたはず。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アブドゥルラフマン・アルジャシム
浅野拓磨
西川周作
長谷部誠
吉田麻也
村上恭和
ロシアW杯

ページトップ