ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

“引くアジア”に香川真司の本領を!
起点のパスとショートコーナーを見よ。

posted2016/09/01 11:15

 
“引くアジア”に香川真司の本領を!起点のパスとショートコーナーを見よ。<Number Web> photograph by Getty Images

ドイツ杯1回戦で今季のクラブ公式戦初ゴールを決めた香川。UAE戦でも活躍を見せられるだろうか。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 8月27日、ピッチ上の体感温度は45度近くになったマインツとの試合で、香川真司はフル出場を果たした。過酷なコンディションに苦しみながら2-1で開幕戦を勝利で飾った後、ホッとした表情を見せた。

「別に悲観的になる必要はないです。最初は、リーグ戦で厳しい戦いが続くなと思います。メンバーが代わって、選手の特徴も変わったりして、最初はすごく戸惑いがあると思うんです。

 ただ、絶対にうまくいくと信じています。上手くやれるだけのクオリティはあるので。忍耐強く、次の試合はもっと良くなるように。今日ホントに暑さがあったんで、日本でもなかなか感じられないような(気温の)高さだったので。体力的にはキツかったですけど、とりあえず勝つことが第一で。勝てて良かったです」

 チームとしても、個人としても満足いく内容とは程遠いパフォーマンスだったにもかかわらず、落ち着いて話した。その言葉通り、悲観する様子はみじんもなかった。

指揮官の“秘蔵っ子”シュールレと好連携を披露。

 開幕の5日前に行なわれたドイツ杯1回戦で2ゴールを決めたことも理由の一つだろう。あるいは、今季から加入した8選手のなかで、ゲッツェやデンベレほどには話題にならないながらも、ドルトムントのキーマンとなりそうなシュールレとの連携からそれらのゴールが生まれたことも然りだ。

 シュールレは、トゥヘル監督が2009-2010シーズン開幕直前にマインツのU-19からトップチームの監督に就任したのにあわせて、U-19から昇格してプロデビューを果たした。言わば、シュールレはトゥヘル監督の“秘蔵っ子”。香川が早くも連動性を示せたことは大きい。

 ただ、一喜一憂せずにいられたのは何よりも、様々な経験をして、手にした自信があるからだろう。

 良い内容のサッカーをするためにはどうしたらいいか。普段のトレーニングでチームとしての戦い方を磨くことも大切だが、結果を積み重ねることで選手が自信を持ち、それが内容のともなったサッカーにつながることを彼は理解している。

【次ページ】 ブンデス単独トップの数字を示した「起点のパス」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ボルシア・ドルトムント
香川真司
トーマス・トゥヘル
アンドレ・シュールレ
ロシアW杯
アジア最終予選

ページトップ