炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープ躍進を二軍で見つめて――。
もがく大瀬良、堂林、野間の現在地。

posted2016/08/21 07:00

 
カープ躍進を二軍で見つめて――。もがく大瀬良、堂林、野間の現在地。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

堂林を筆頭に、二軍で過ごす彼らが覚醒すれば真の赤ヘル黄金時代が訪れるはずだ。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 彼らの目に、カープの快進撃はどのように映っているのだろう。

 一昨季は10勝で新人王を獲得し、昨季は急きょセットアッパーを務めた大瀬良大地は、右肘痛で開幕を3軍で迎えた。'14年に全試合出場した堂林翔太は一軍と二軍を行ったり来たり、輝きを取り戻せないでいる。昨季は新人ながらシーズン通して一軍に定着した野間峻祥はいまだスタメン出場がない。

 25年ぶりの優勝へ突き進む充実のシーズンの中、広島の未来を託された期待の選手たちはもがいている。

 大瀬良は8月12日、中継ぎというポジションで一軍に帰ってきた。今季は前田健太が抜け、先発の大黒柱と期待された中で、春季キャンプ中に右ひじを痛めてしまう。「右肘内側側副靱帯損傷」との診断を受け、長期離脱となっただけに悔しさは募った。

 その当時、取材陣には「しょうがないと思うしかない。より強くなって一軍に戻りたい」と前向きな言葉を紡いだが、内心は違っていた。同時期にリハビリに励んだ鈴木誠也は「あのときの大瀬良さんは本当に落ち込んでいた」と振り返る。ともに大きな期待を背負った者同士ということもあって、食事をともにしながら励まし合った。

287日ぶりの一軍マウンドは3回4失点と炎上した。

 長いリハビリを経て、7月20日の中日戦で287日ぶりに一軍マウンドに上がった。緒方孝市監督から後半戦のキーマンに挙げられる期待を背負ったが、最速は142キロしか出ず、制球にも苦しみ、3回まで毎回の7安打4失点。何もできないままマウンドを降りた。

「真っすぐに強さがなかった。思うような球を投げられなかった。もっと、もっと良くなって戻ってきたい」

 試合後、報道陣の質問に答える表情には、まだ不安がぬぐい切れていなかった。登板翌日、再び選手登録を抹消された。

 あれから復調の兆しをつかむべく模索を続けた。なかなか思うように投げられないジレンマを感じる中、8月9日ウエスタン・リーグのオリックス戦では先発ではなく、中継ぎでの登板となった。4点リードの7回に2番手としてマウンドに上がり、最速は147キロを計測。わずか9球で3者凡退に切った。佐々岡真司投手コーチは「きっかけ作りもある。腕を振るだけでなく、打者が打ちづらい投球(をつかむ)というのもある」と先発調整の一環であることにも含みを持たせた。

【次ページ】 「早く調子を取り戻して戦力になれればと思う」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
広島東洋カープ
大瀬良大地
堂林翔太
野間峻祥

ページトップ