リオ五輪PRESSBACK NUMBER

「彼は世界で一番クールな人物」
内村航平に憧れた銀、銅メダリスト。

posted2016/08/11 15:00

 
「彼は世界で一番クールな人物」内村航平に憧れた銀、銅メダリスト。<Number Web> photograph by JMPA

銅メダルのウィットロック(左)と銀メダルのベルニヤエフ。内村は、4年後の東京五輪に関して「東京では31歳。まずはどうやったら代表に入れるかを、ゆっくり考えたい」とコメント。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

JMPA

 歓喜の団体金メダルから中1日。男子個人総合で内村航平が体操史に残る白熱の大接戦を制し、逆転勝利でロンドン五輪に続く2大会連続金メダルを獲得した。

「ヤッター!」

 内村の雄叫びはかつてないほどの激しさだった。それが、いかに劇的な勝利だったかを物語っていた。

 5種目を終え、残るは鉄棒のみとなった時点で、内村は76.565の2位。首位に立っているオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)との差は0.901あった。数字だけを見れば逆転は難しく思える差だ。

 しかし、内村は昨年の世界選手権種目別鉄棒のチャンピオンであり、鉄棒を苦手としているベルニャエフのDスコアは、内村の7.1と比べて大きく劣る6.5。逆転は決して不可能ではない。

 鉄棒は、内村が先に行い、最後にベルニャエフが演技をするという順番だ。とにもかくにもミスをしたらそこでおしまいという展開。内村が考えたのは「自分に集中し、自分の演技をしよう」ということだけだった。

 そして、完璧な演技を見せた。

最強のライバル、ベルニャエフが小さなミスを……。

 高さ抜群の屈伸コバチから始まり、G難度のカッシーナを美しく決め、コールマンを無難に持ち、団体決勝では反転してしまったアドラー1回ひねりも成功させた。伸身新月面の着地をピタリと決めると、自然とガッツポーズが出た。Dスコア7.1、Eスコア8.700、合計15.800の高得点だ。

 内村の合計得点は92.365となり、大型スクリーンにはベルニャエフが優勝するのに必要な点は14.899であると表示された。ミスがなければ逃げ切れるという状況だった。

 しかし、プレッシャーを感じての演技となったベルニャエフは、小さなミスを重ねた。D難度の離れ技であるヤマワキの後の車輪で肘が曲がり、最後の着地でも前に大きく動いた。

 得点は14.800。この瞬間、内村の優勝が決まった。

【次ページ】 「これで負けたらしょうがないとも思っていた」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
内村航平
オレグ・ベルニャエフ
マックス・ウィットロック
ウサイン・ボルト
マイケル・フェルプス
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
体操

ページトップ