リオ五輪PRESSBACK NUMBER

20歳、142cmの女子体操の主将。
寺本明日香、個人8位入賞の意義。

posted2016/08/12 12:30

 
20歳、142cmの女子体操の主将。寺本明日香、個人8位入賞の意義。<Number Web> photograph by JMPA

体操界では時に「17歳限界説」がささやかれることもあるが、寺本明日香は軽々とその壁を乗り越えて見せた。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

JMPA

 メダルの煌びやかさはない。ささやかな前進に過ぎないかもしれない。けれども、確実に意味のある一歩を踏んだ。

 体操女子個人総合でエース寺本明日香が57.965で8位に入り、'64年東京五輪6位の池田敬子さん以来となる入賞を果たした。

「メダルは取れなかったけど、自分の実力をしっかり出せた。五輪ではそれだけでもすごいことだと思うので、良かったです」

 言葉の端々に達成感がにじみ出ていた。

 1種目めの段違い平行棒は、激痛に耐えながらの演技だった。2日前の団体決勝で右手親指付け根の部分のマメが破れ、直径1.5cmほど皮がむけていた。

「演技中にいきなりむけた。小学生以来のことだった」

 テープを貼るなどして対応したが、個人総合決勝前のサブ会場での練習でも同じ箇所がめくれ、試合会場でのアップでも、まためくれた。

 処置をしても戻ってしまうという繰り返し。指導する坂本周次コーチは「結局、試合になったら、緊張で痛みがなくなる。思い切りいけ」と送り出した。

「痛すぎて集中できなかった」と思えない動き。

 すると、「痛すぎて演技に集中できなかった」(寺本)とは思えないような出来映えを見せた。大きなミスなく着地でわずかに動いた程度にとどめて14.566とまずまずの得点。9位でスタートした。

 予選で落下していた平均台と、調整段階で苦しんでいたゆかでは、安全策を取って難度を落としたことで、途中順位は10位、14位と下がっていったが、寺本に焦りはなかった。最終種目の跳馬にDスコア6.2の大技「チュソビチナ(前転跳び前方伸身宙返り1回半ひねり)」を持っているからだ。

 助走開始直前にふくらはぎがけいれんするピンチに見舞われたが「絶対に失敗したくない」という強い気持ちで走り始め、会心の跳躍。着地もピタリと決めて15.100と15点台に乗せた。

 結果は合計57.965点で8位。昨年の世界選手権で最終種目の平均台の降り技で失敗し、入賞ラインを逃す9位に終わった雪辱も果たした。

【次ページ】 ロンドンでは最年少、リオでは最年長。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
寺本明日香
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
体操

ページトップ