プロ野球亭日乗BACK NUMBER

あの松井秀喜が苦しみつづけ、
筒香嘉智が克服した「欠陥」とは?

posted2016/08/05 11:30

 
あの松井秀喜が苦しみつづけ、筒香嘉智が克服した「欠陥」とは?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

7月には月間で16本塁打を記録した筒香。王貞治の15本を上回り、阿部慎之助らと並ぶ月間本塁打の日本人歴代最多タイ記録となる。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

「だからさあ……オレはアイツにゴルフやれって言ったの」

 2003年のオフのことだった。

 当時、スポーツ紙の評論家をしていた中日・落合博満GMと、とあるゴルフコンペで一緒に回ったときのことである。

 その年、私は巨人からフリーエージェントでニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜さんのメジャー1年目を追いかけ、日米を行ったり来たりする生活を送っていた。そこでメジャー1年目のシーズンに散々、苦労する松井さんの姿を見ており、ラウンドの合間には、当然、そんな松井さんのバッティングの話になった。

 すると茶店で休憩をしているときに、落合さんがこんなことを言い出したのである。

「アイツにはバッターとして重大な欠陥があるからな」

 突然の指摘に当然、その「重大な欠陥」とは何なのかを問い詰めた。最初は「簡単なことだから見てりゃ分かるって」とはぐらかしていたが、最終的に説明してくれたのはこういうことだった。

「松井は逆方向にボールを打つときに右の脇が空くんだよ」

 そう言って落合さんは左打ちの構えから右肘をオーバーに持ち上げるような格好でスイングして見せたのである。

「それが作られた左バッターの欠点だ」

「あの打ち方じゃ、逆方向に強い打球は絶対に飛ばせない。ゴルフでいうスライス(左打ちなら弱々しく左方向に曲がっていく球)しか出ないんだ。それを治さないと向こうで30本打つなんて、とてもできないな」

 そしてその矯正の方法として奨励したのが、ゴルフだったのだという。

「ゴルフは左打ちなら右肘を、右打ちなら左肘をしっかりたたまないと極端なスライスが出る。だから巨人にいるときにゴルフが一番いいから、ゴルフをやって右肘の畳み方を覚えろって。ずっとゴジには言っていたんだけどな……全然、直ってないな」

 その後松井さんに直接、落合さんの意見を話すと、すぐさま苦笑いを浮かべてこんな答えが返ってきた。

「落合さんからはずっとそのことを言われてたなあ。それが作られた左バッターの欠点だって。右手が強すぎて、どうしても右手で(バットを)引っ張ろうとするからだってね」

 そのことは松井さんも十分に自覚していたが、結果的にはその悪癖を完全に矯正することはできなかった。

【次ページ】 左方向へのホームランは、すべて振り遅れだった!?

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
筒香嘉智
松井秀喜
落合博満
高橋由伸
読売ジャイアンツ
横浜DeNAベイスターズ

ページトップ