2016年の高橋由伸BACK NUMBER

「長嶋茂雄=高橋由伸」説は本当?
監督初年度は最下位&カープの優勝。

posted2016/07/19 17:30

 
「長嶋茂雄=高橋由伸」説は本当?監督初年度は最下位&カープの優勝。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

練習を見つめる高橋監督の目線の先にいる選手は……。高橋監督からガンをとばされた選手は生きた心地がしないという。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 お家の事情から、2016年の巨人監督を急遽務めることとなった高橋由伸。この青年監督に一体どんな日々が待ち受けるのか、どう振る舞うのか、これ、ハッキリ言ってとんでもないドキュメントであり、究極のリアリティーショーだと思うのです。

 もうひとつ、各メディアで「1年目の高橋由伸」がどう伝えられているのかを知るのも私の興味である。さっそく今回もはじめよう。

 前半戦を由伸巨人は借金1の2位で終えた。2位と言っても広島とは10ゲーム差。さらに、チーム打率と防御率はリーグ5位。

 この数字をどうみるか? 

 面白かったのは東京スポーツの「本紙巨人担当&遊軍記者は見た 由伸巨人の真実」(7月15日)という座談会の記事である。

 巨人の得失点差はマイナス56点でなんとセ・リーグのワースト。これで2位なら健闘では? という意見に対し、メジャー担当の記者がある数値を持ち出す。

《セイバーメトリクスにも得失点差を用いた“ピタゴラス勝率”という指標があってだな。これがメジャーでは監督の“采配力”を示すともいわれているんだ。その数式(総得点の2乗÷総得点の2乗+総失点の2乗)に巨人の成績を当てはめると4割1分1厘。実際は4割9分4厘だから、チームが接戦に強いか、由伸監督が相当優秀だってことになるな。》

 なるほど、ピタゴラス勝率によれば、由伸監督の采配は優秀なのか。

 貧打で少ない得点をなんとかやりくりする1年目の由伸。なんかいじらしい。

高橋由伸監督の“恐怖の二度見”。

 では「監督・由伸」のキャラクターはどうなのだろう。

 クールで動じない印象があるが、そんな私の認識を変えたのが同じ東スポの約2週間前の記事。

「巨人ナインが気付いた高橋由伸監督“恐怖の二度見”とは」(東スポWeb 6月30日)

 ある選手曰く「監督が一番嫌うのは、ボーンヘッドと同じ失敗やミスを繰り返すこと」であり、「怒って何かを蹴飛ばしたりというようなことはないはずですけど、実は本当に頭にきた選手には静かに“二度見”するんですよ」と述べている。

 由伸の二度見とは何か?

【次ページ】 静かなだけに余計に怖い、高橋監督の目線。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
高橋由伸
読売ジャイアンツ
長嶋茂雄
デーブ・ジョンソン
広島東洋カープ
ギャレット・ジョーンズ

ページトップ