欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ハリルホジッチのEURO決勝展望。
「フランスが負ければサプライズだ」

posted2016/07/10 09:00

 
ハリルホジッチのEURO決勝展望。「フランスが負ければサプライズだ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

開催国フランスは、W杯王者ドイツを破って決勝に進出した。優勝すればジダンに率いられた2000年のチーム以来の戴冠となる。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

1カ月にわたって繰り広げられてきた欧州の祭典EURO2016は50試合を終え、残すところ決勝戦のみとなった。現地フランスでほぼすべての試合を分析してきたハリルホジッチ監督の眼に準決勝2試合の戦いはどう映ったのか。フランス対ポルトガルの決勝展望とともにお届けする。


 マルセイユでの準決勝第2戦、ドイツ対フランスの試合は、ドイツがボールを支配してゲームを作ったが、試合に勝ったのはフランスだった。フランスは数少ない攻撃がうまくいき、また少し運もあった。

 試合を決めたのが前半終了直前のPKだった。たしかにシュバインシュタイガーの手はボールに触れていた。しかしそれに対して、レフリーは笛を吹くことも、また吹かないこともできた。どちらにも判定できるプレーだった。

 とはいえこの判定が、ゲームの流れとあり方を変えた。ドイツはさらにリスクを冒して攻めざるをえず、フランスは守りに徹した。

 それにしても、なぜフランスは、あそこまでディフェンスのブロックを低くしたのか。もうすこし高い位置に敷くべきではなかったか。というのも、一度、高い位置でボールを奪ったプレーが、そのまま2点目のゴールに直結したからだ。キミッヒのミスとノイアーのミスが重なり、フランスがチャンスをものにした。

 フランスはリアリストで、デシャン監督の采配も、不調のパイエを下げてカンテを投入し、マテュイディを左サイドに移して、相手の右サイドからの攻撃に蓋をするなど理にかなっていた。

ポルトガルは、大したことは何もしていない。

 もうひとつの準決勝、ポルトガル対ウェールズはポルトガルの快勝だった。

 ウェールズはラムジーの欠場が痛かった。彼がいるといないとでは。チームが全然違う。ゲームを作るのが、彼の大きな仕事であるからだ。ベイルがポジションを下げてラムジーの役割も引き受けようとしたが、結果として前線はロブソン・カヌひとりになってしまい、ペペを欠くポルトガルのディフェンスを楽にした。

 最初の失点は、ロナウドのマークのズレが原因だ。ロナウドには、それまでストッパーが対応していたのに、この場面では小さな左サイドバックが担当した。なぜこのシーンだけ彼になったのか私には理解できない。小さなディテールがとても高くついた。

 ポルトガルは決勝まで到達したものの、大したことは何もしていない。抽選や組み合わせの幸運に恵まれただけで、本来ならクロアチアが勝ち進んでいるハズだった。すべてはロナウドがベースで、誰もが試合中ずっとロナウドを探し、彼にボールを委ねている。当のロナウド自身はコンディションが悪く、レアル・マドリーとはプレーがまったく異なるが、それでも他の誰よりも優れているし、違いを作り出している。他の選手たちも、それを認めたうえで自分の役割に徹している。

【次ページ】 フランスはとても実践的なチームだ。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
クリスティアーノ・ロナウド

ページトップ